東海テレビ
2018年04月24日(火)19時33分

200円の菓子万引きした名古屋市職員 停職5か月の懲戒処分 書類送検まで職場に報告せず

 およそ200円のスナック菓子を万引きした名古屋市の職員が停職5か月の懲戒処分を受けました。

 名古屋市の上下水道局北部管路センターに勤める43歳の男性技師は、去年11月、名古屋市守山区の自宅近くのスーパーでおよそ200円のスナック菓子を万引きして検挙され、先月書類送検されて起訴猶予となっています。

 同じスーパーで10回ほど万引きしたと話していますが、書類送検されるまで職場に報告をしておらず、これを重視した名古屋市は、停職5か月の処分としました。

 男性技師は「菓子が食べたいという衝動に負けてしまった」と話しているということです。

 また、愛知県豊田市でも視聴覚ライブラリーの元非常勤職員の66歳の女性が、台所用洗剤やタワシなどおよそ18万円相当を自宅に勝手に持ち帰っていたことがわかり、上司2人が減給などの懲戒処分を受けました。