産経ニュース
2018年4月20日 (金) 11時26分

陸士長を懲戒免職 外出先から戻らず「訓練や集団生活に嫌気」

 陸上自衛隊第1特科団(北海道千歳市)は20日、正当な理由なく外出先から部隊に戻らなかったなどとして、第1地対艦ミサイル連隊の男性陸士長(20)を懲戒免職とした。

 第1特科団によると、陸士長は昨年10月23日、外出先から部隊に戻らず、同月30日に同僚に発見されるまで7日間欠勤した。また、今年1月21日には偽造した外出証を使って駐屯地を離れ、翌22日に同僚に発見された。

 陸士長は「訓練や集団生活に嫌気がさした」と話しているという。