top_header_logo4
2017年08月09日(水)21時32分

捜査書類の写し紛失=巡査部長、捜索後-新潟県警

 新潟県警新潟中央署は9日、生活安全課の30代の男性巡査部長が、捜査書類の写しを紛失したと発表した。書類には家宅捜索で押収した証拠品や容疑者の名前、住所などが記載されている。
 同署によると、紛失した書類は、捜索を受けた相手に対し、押収物の一覧を記載して交付する「押収品目録交付書」の写し1枚。
 巡査部長は他の署員数人と8日午前6時ごろから、わいせつ物頒布などの疑いで新潟市内の住宅を捜索。証拠品数点を押収し、巡査部長が押収品目録交付書を作成して住人に渡した。
 その後複数の場所を回り、午後2時半ごろ署に戻った際、交付書の写しがないことに気付いた。写しは署の保管用だった。