2016年8月27日(土)12時55分 産経ニュース

北海道警の40代警部補が女性をケータイで盗撮 道警は書類送検するも処分公表せず

 北海道警釧路方面本部の40代の男性警部補が、横浜市内で盗撮をしたとして、神奈川県警に県迷惑行為防止条例違反の疑いで書類送検されていたことが27日、道警の捜査関係者への取材で分かった。道警は24日付で減給の懲戒処分にし、警部補は依願退職した。

 道警は「発表する基準ではない」として処分を公表していなかった。

 捜査関係者によると、送検容疑は7月、私用で横浜市を訪れていた際に、女性の下半身を携帯電話で盗撮した疑い。その場で取り押さえられ容疑を認めたため、神奈川県警は在宅で捜査したという。 道警は、警察庁が「懲戒処分の発表の指針」で、私的な行為に関しては停職以上の処分を発表すると定めたことを根拠に、処分を公表しなかったと説明している。