2016年1月26日(火)22時31分 中日新聞 CHUNICHI Web

岐阜市職員を住居侵入容疑で逮捕

 岐阜県羽島市の女性宅に侵入したとして、岐阜羽島署は26日、住居侵入の疑いで、岐阜市加納矢場町、岐阜市職員伊藤英二容疑者(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は、1月6日午後5時ごろ、羽島市内のアパート2階の30代女性宅に侵入したとされる。「まったく記憶がなく、一切分かりません」と容疑を否認している。

 署によると、女性が帰宅した際、部屋の中にいた伊藤容疑者を発見。容疑者は2階ベランダから飛び降り、逃走したが、近くの駐車場にいたところを通報で駆けつけた署員に取り押さえられた。2階から飛び降りた際に頭を打ち、脳挫傷で入院。退院後に逮捕された。被害者とは面識があったという。

 伊藤容疑者は、市民生活部国保・年金課の主任主事。市によると、6日は年休を取っていた。島塚英之市民生活部長は会見し「職員が市民の信頼を裏切るような事件を起こして申し訳ない」と謝罪した。