2014年2月21日 12時51分 中日新聞 CHUNICHI Web

無人駅で回数券など窃盗 愛知県職員を懲戒免職

 無人駅から回数券などを盗んだとして、愛知県は21日、西三河農林水産事務所の纐纈博幸専門員(48)を懲戒免職処分にしたと発表した。

 県によると、昨年7月12日深夜、滋賀県米原市の無人のJR坂田駅で、ピッキング道具を使って集札箱の鍵を開け、未使用の普通回数券3枚(780円分)と使用済みの乗車券13枚を盗んだ。滋賀県警に窃盗容疑で逮捕され、今月10日に懲役10月、執行猶予2年の有罪判決を受けた。

 県の調べに「電車や鉄道に興味があった。北海道内で電車の看板を盗んだこともある」と話したという。