2020年06月

無免許運転

徳島新聞.
2020年6月27日(土)5時00分

三好市任用職員が4年間無免許運転 退職届受理、処分せず

 徳島県三好市の老人福祉施設に勤務する会計年度任用職員の40代男性が、2016年に運転免許を失効してから約4年間、無免許運転をしていたことが26日分かった。

 市によると、男性は25日午後3時ごろ、自家用車でシートベルトを着用せず三好市池田町内の県道を走行。警察に停止を求められ、無免許が発覚した。免許証は16年8月26日に失効しており、2年前に気付いていたが、そのまま運転を続けていた。

 懲戒免職処分にしても労働基準法の規定で1カ月分の給料を支払う必要があったことから、26日付で男性が提出した退職届を受理した。また、同施設の施設長は指導監督の責任を怠ったとして戒告処分となった。

 市の聴取に男性は「無免許のままズルズルときていた。申し訳ない」と説明。市は「全職員に対して免許証の確認をさらに徹底したい」としている。

詐欺容疑

千葉日報
2020年6月25日(木)05時00分

銚子市職員を逮捕 娘と共謀、詐欺の疑い 旭署

 旭署は24日、詐欺の疑いで、銚子市生活環境課職員、鈴木光志容疑者(59)=同市犬若=と長女で無職の江利子容疑者(33)=同所=を逮捕した。

 2人の逮捕容疑は共謀し、3月7日午後7時5分~25分ごろ、成田市の雑貨店で、不正に入手した他人名義のクレジットカードを使い、縫いぐるみなど15点(販売価格計2万5960円)をだまし取った疑い。

 同署によると、江利子容疑者は既に同僚の女性からクレジットカードを盗んだとされる窃盗事件で逮捕・起訴されており、その後の捜査で光志容疑者を含めたカード使用の疑いが発覚した。

 光志容疑者は江利子容疑者から依頼されて1人で店を訪れたといい、「娘が使ってよいと言ったから使った」と供述。江利子容疑者は容疑を認めている。

 銚子市の越川信一市長は「職員が逮捕されたことは甚だ遺憾。今後、事実関係を確認し、厳正に対処する」とのコメントを発表した。

巡査、少女を知人宅に泊まらせわいせつ行為

読売
2020年06月27日(土)09時12分

巡査、少女を知人宅に泊まらせわいせつ行為

 18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、奈良県警が、県内の警察署に勤務する20歳代の男性巡査を県青少年健全育成条例違反の疑いで地検に書類送検し、減給1か月(100分の10)の懲戒処分としていたことがわかった。いずれも5日付。巡査は同日付で依願退職した。

 県警監察課によると、巡査は友人男性の知人だった少女を18歳未満と知りながら、4月21、27日に友人男性宅に宿泊させ、27日には少女の体を触るなどわいせつな行為をした疑い。4月下旬に情報提供があって発覚した。

 県警の調べに対し、巡査は「警察官でありながらこのような事件を起こしてしまい、大変申し訳ない」と謝罪したという。監察課は「今後職員の指導教育を徹底し、再発防止に努める」としている。

 地検は巡査を6月22日付で不起訴(起訴猶予)とした。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ