2020年04月

警視が飲酒運転で衝突事故

山陽新聞
2020年04月30日(木)13時39分

福岡県警幹部が北九州で飲酒事故 小倉北署の交通管理官

 福岡県警小倉北署の交通管理官を務める男性警視(53)が外出先で飲酒し、北九州市内で事故を起こしたことが30日、県警への取材で分かった。県警は道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで調べている。

 県警によると、男性警視は25日午後4時35分ごろ、北九州市門司区の市道でバイクを運転中、ワンボックスカーと衝突。警視が搬送された病院の関係者が酒の臭いに気付き、県警に連絡。呼気から基準値を上回るアルコールが検出された。警視は骨折などのけが、衝突した車の男女にけがはないという。

 事故当時、新型コロナウイルス感染拡大を受け、県警は不要不急の外出自粛などを部内に求めていた。

続きを読む

窃盗容疑で消防士を逮捕

産経新聞
2020年4月30日(木)15時12分

知人女性宅から2万円窃盗 容疑の消防士逮捕 千葉・鎌ケ谷

 千葉県警松戸東署は30日、知人女性宅から現金2万円を盗んだとして、窃盗の疑いで、同県鎌ケ谷市鎌ケ谷消防署の消防士、細野修平容疑者(23)=鎌ケ谷市初富本町=を逮捕した。

 逮捕容疑は3月22日未明、松戸市に住む20代女性宅から現金2万円を盗んだとしている。

 署によると、女性とは会員制交流サイト(SNS)で知り合い、女性宅に2人でいたという。

 細野容疑者は当時、鎌ケ谷市内の別の消防署に勤務していた。清水聖士市長は「誠に遺憾。事実関係を確認し、厳正に対処する」とのコメントを出した。

痴漢を繰り返し停職処分

FNN PRIME
2020年4月30日 木曜 午後12時38分

電車で女子高生の尻触り、原付では追い抜きざまに…痴漢行為繰り返した22歳市職員 停職処分

 通勤途中の電車内で女子高校生の尻を触るなど痴漢行為を繰り返し、逮捕・起訴された22歳の伊勢市役所の職員が、停職6カ月の懲戒処分を受けました。

 懲戒処分を受けたのは、伊勢市都市整備部用地課に勤務する山村風太被告(22)です。

 伊勢市によりますと、山村被告は去年10月と12月に、近鉄電車の車内で女子高校生の尻をさわる痴漢行為をしたほか、津市内を原付バイクで走行中、自転車の女子高校生を追い抜きざまに触るなどの痴漢行為を繰り返していたということです。

 山村被告は、県の迷惑防止条例違反の疑いで今年1月と2月に逮捕され、当初は容疑を否認していましたが、裁判では起訴内容を認め、検察側は懲役8カ月を求刑しています。

 伊勢市は30日付で山村被告を停職6か月の懲戒処分とし、山村被告は退職届を提出しています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ