2020年02月

行方不明の自衛官を懲戒免職

神戸新聞
2020年2月21日(金)12時24分

「辞めたい」現在も行方分からず 無断欠勤の陸曹を免職 伊丹・陸自千僧駐屯地

 陸上自衛隊千僧駐屯地(兵庫県伊丹市)は21日、無断で20日以上欠勤したとして、第3後方支援連隊所属の3等陸曹の男性(29)を免職の懲戒処分にしたと発表した。

 同駐屯地によると、3等陸曹は休日だった2018年7月1日に外出後、帰隊時間の翌日午前0時を過ぎても同駐屯地内の宿舎に戻らなかった。1年半以上を経た現在も行方が分かっていないという。

 3等陸曹の居室からは「自衛隊を辞めたい」という内容の置き手紙1通が見つかったという。同駐屯地は「隊員らへの聞き取りでは、いじめなどは確認されていない」としている。

勤務中にごみ収集車を私的使用 ペンキ散乱し発覚 西宮市職員

神戸新聞
2020年2月21日(金)12時13分

勤務中にごみ収集車を私的使用 ペンキ散乱し発覚 西宮市職員

 兵庫県西宮市は21日、環境局の男性職員2人が勤務中にごみ収集車を無断で私的に使い、実家からペンキを運んで廃棄していたと、発表した。運搬中にペンキが車から漏れ、路上に散乱したことから発覚。同市は近く2人を処分する。

 同市によると、2人は家庭ごみなどの収集を担当。男性職員(32)が10日午後に収集業務を終えた後、事務所に戻り、同僚の男性職員(26)に声を掛けて一緒に同市内の実家に向かい、使い古したペンキ一斗缶10缶分を同市の西部総合処理センターに運んで廃棄したという。

 運搬中にごみ収集車から灰色の塗料が漏れ出し、後続の乗用車の運転手が「タイヤが汚れた」と西宮署に相談。ドライブレコーダーなどの情報で車両を特定し、不正が判明したという。

 同市の調査に、2人は「不正利用は初めてで軽い気持ちでやった。反省している」と話しているという。

 会見した同市の田中義弘環境事業部長は「不祥事が相次ぐ中、あるまじき行為。市民の信頼を損ね、深くおわびしたい」と謝罪。今後は収集車の鍵の管理を徹底するという。

「捜査が進まず面倒に」県警警部補、事故捜査で虚偽の調書

神奈川新聞
2020年02月14日(金)21時30分

「捜査が進まず面倒に」県警警部補、事故捜査で虚偽の調書

 交通事故捜査で虚偽の供述調書を作成した上、捜査書類を持ち帰ったなどとして、県警は14日、海老名署の男性警部補(61)を停職6カ月の懲戒処分とし、虚偽有印公文書作成・同行使容疑などで書類送検した。警部補は昨春の定年退職後に再任用されていたが同日、依願退職した。

 県警監察官室によると、警部補は相模原南、座間、麻生署の交通課員だった2010年6月~19年2月ごろ、担当した44件の交通事故で事実と異なる供述調書など31点を作成し、上司に提出するなどしたほか、捜査書類193点を自宅に持ち帰るなどした、としている。事故の関係者に無断で「診断書は提出しない」などと虚偽の記載を繰り返していたという。

 昨年4月に警部補が担当した事故について関係者から照会があり、容疑が発覚。警部補は「事故関係者と連絡がつかずに捜査が進まないと面倒になり、偽造したり持ち帰ったりした」と話しているという。44件のうち、24件で再捜査を強いられ、7件は時効だった。

 寺澤陽公監察官室長は「警察業務の信頼を損なう事案が続けて発生しており、県民に深くおわびする」とコメントした。当時上司だった警部、警部補計4人も所属長注意となった。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ