2019年09月

航空服などネット売却 30代自衛官を懲戒免職

毎日新聞
2019年9月30日(月)18時50分

航空服などネット売却 30代自衛官を懲戒免職 空自静浜基地

 航空自衛隊静浜基地(静岡県焼津市)は30日、航空服などの備品40点をインターネットオークションで売却したとして、第11飛行教育団整備補給群に所属する30代の男性3等空曹を懲戒免職処分にした。

 同基地によると、元空曹は2018年4~9月、基地内の倉庫からヘルメットや航空服などを盗み、ネットオークションで売ったとしている。売り上げは不明だが、弁済額は23万円に上ったという。

 同年10月の会計監査で備品が無くなっていることが発覚。紛失していないか隊員らで基地内などを捜していたところ、元空曹が自ら申し出た。元空曹は「取引相手に感謝されて、日ごろの鬱憤の気晴らしになった」などと話しているという。

 同基地は「道徳教育と順法精神の指導を万全にする所存です」とコメントした。

わいせつ画像を送信 3等海曹停職

京都新聞
2019年09月30日(月) 18時02分

自衛官が自分のわいせつ画像送信 女性の夫通報、懲戒処分

 海上自衛隊舞鶴地方総監部(京都府舞鶴市)は30日、わいせつな画像をスマートフォンで知人女性に送信したとして、舞鶴警備隊の20代の男性3等海曹を停職30日の懲戒処分にしたと発表した。

 総監部によると、3等海曹は当直勤務中だった2月25日、警備隊庁舎内で自らの局部を含むわいせつな画像を撮影し、知人女性に無料通信アプリLINE(ライン)で送信した。女性の夫から、総監部に通報があり発覚した。舞鶴警備隊の松味利紀司令は、「重く受け止め、再発防止に努める」とのコメントを出した。


女性店員にセクハラか、共産党の静岡市議が辞職

産経新聞
2019年9月30日(月) 18時16分

女性店員にセクハラか、共産党の静岡市議が辞職

 共産党所属の静岡市議、望月賢一郎市議(57)が30日、辞職した。同市議会の会期中に辞職願の提出があり、同日開かれた本会議で、全会一致で承認された。

 望月氏は「議員としてふさわしくない道義上の誤りを犯した」として同党市議団や党県委員会に辞職勧告を受け、9月26日に議長宛てに辞職願を提出した。同党は辞職理由の詳細は明らかにしていないが、関係者によると、望月氏は飲食店の女性店員にセクハラ行為を行ったとみられる。

 望月氏の辞職を受け、同党市議団の内田隆典団長は「有権者、市民に深くお詫びします。残された3人の議員で有権者の要望に応えられる活動をしていきたい」と陳謝した。

 望月氏は平成29年3月の市議選で初当選し、1期目の途中だった。清水選挙区は1人欠員となるが、現状では議員定数の6分の1に満たないため、補選は行われない。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ