2019年04月

県税事務所員がスカート内盗撮

産経新聞
2019年4月30日(火)07時29分

女性盗撮目的か 容疑の県税事務所員逮捕 和歌山

 女性のスカートの下に携帯電話のようなものを差し入れたとして、和歌山東署は29日、和歌山県迷惑防止条例違反(卑わいな行為の禁止)容疑で、県税事務所の男性主査(37)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているといい、盗撮目的とみて調べる。

 逮捕容疑は、25日午後6時半ごろ、和歌山市内の路上で、駐車中の車から荷物を搬出しようとしていた市内在住の女性(30)のスカートの下に、携帯電話のようなものを差し入れたとしている。近くにいた女性の知人が目撃していた。

 県税事務所によると、この日は家族の看病を理由に午後から休暇を取得していた。南出明彦所長は「誠に遺憾。厳正に対処していく」とコメントした。

続きを読む

横領物「拾った」…勝手に判断、捜査せず 巡査を書類送検

2017-12-28 (5)
2019年04月26日(金)22時15分

横領物「拾った」…勝手に判断、捜査せず 巡査を書類送検

 占有離脱物横領事件の関係者への適切な捜査を怠ったとして、県警は26日、犯人隠避の疑いで川崎署地域課の男性巡査(26)を書類送検し、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。

  県警監察官室によると、巡査は昨年10月上旬、京急川崎駅近くのインターネットカフェから無銭飲食している男がいるとの通報を受けて、同僚の男性巡査(25)とともに出動。その際、30代の男が身分証として使用していた健康保険証が他人名義であることを認知した。男が「拾った」と話したことから事件化できないと勝手に判断し、保険証を男に戻し、本来行うべき占有離脱物横領容疑での捜査をしなかった。無銭飲食については、男に千円を渡してその場で支払わせた。

  巡査は「同じような事件を扱ったことがなく、保険証を拾ったと言われて事件化できないと思った」などと話しているという。

  男がその後、埼玉県内のインターネットカフェで無銭宿泊したとして埼玉県警に詐欺容疑で逮捕され、「川崎で警察官に他人名義の保険証を返してもらった」などと供述したことから埼玉県警が神奈川県警に連絡し、発覚した。

  県警は、同僚の巡査を本部長注意、適切な事件指揮をしなかったとして上司の男性警部補(43)を本部長訓戒にした。

  監察官室は「警察業務への信頼を損なう行為で厳正に処分した」とコメントした。

自衛隊員2人を懲戒処分

琉球朝日放送
2019年4月28日(日)

航空自衛隊那覇基地 自衛隊員2人を懲戒処分

航空自衛隊那覇基地は庁舎内で、同僚の持ち物を盗み取ったとしてこの男性隊員を24日付けで懲戒免職にしました。

懲戒免職となったのは南西航空音楽隊所属の男性隊員で、2018年9月、那覇基地内の庁舎で、同僚の楽器の付属品、およそ19万円相当を盗み取ったということです。

また2018年12月、那覇市内で酒気帯び運転の容疑で現行犯逮捕された、南西航空方面隊司令部の45歳の2等空曹は停職3カ月の処分を受けました。

航空自衛隊那覇基地は、「このような事案が発生したことを真摯に受け止め、再発防止に取り組んでいく所存です」とコメントしています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ