2019年01月

19歳自衛官、同僚を刺す 京都府の駐屯地

ytv 読売テレビ
2019年01月31日(木)11時58分

19歳自衛官、同僚を刺す 京都府の駐屯地

 京都府宇治市にある陸上自衛隊の駐屯地内で、同僚の自衛官をナイフで刺したとして、19歳の一等陸士が、傷害の疑いで逮捕された。

 逮捕されたのは、陸上自衛隊・大久保駐屯地の19歳の一等陸士。

 警察によると、一等陸士は30日午後11時ごろ、駐屯地内にある宿舎の廊下で、同僚の自衛官を刃渡り6cmほどのナイフで刺すなどして、ケガをさせた疑い。

 同僚の自衛官は、背中を2か所を刺されるなどして、病院で手当てを受けたが、命に別条はないという。

 調べに対し、一等陸士は「ささいなことで口論になって、カッとなり刺した」と容疑を認めている。

埼玉の消防司令、2回目の停職

共同通信
2019年1月31日(木)11時49分

埼玉の消防司令、2回目の停職
部下に暴力、昨年も処分

 埼玉県川口市消防局は31日、仕事でミスをした部下の男性を殴ったとして、南消防署南平分署の男性消防司令(45)を停職6カ月の懲戒処分とした。消防司令は昨年7月にも、職場の懇親会で女性職員2人に抱きつくなどのセクハラ行為をしたり、別の男性職員に平手打ちをしたりしたとして停職1カ月となっていた。

 同消防局によると昨年11月、消防車両を停車位置に誘導する際にミスをした20代の男性職員の顔や腹を複数回殴った。男性にけがはなかった。消防司令は「一人前にしたいという思いから指導に熱が入ってしまった」と話しているという。

女性巡査が風俗店でバイト

朝日新聞
2019年1月31日(木)11時46分

巡査が風俗店でバイト、懲戒処分 8万円「生活費に…」

 山口県警下関署の女性巡査が風俗店でアルバイトをして報酬を得ていたとして、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが分かった。巡査は、処分が出た昨年12月18日に依願退職した。

 県警監察官室によると、女性巡査は昨年9~11月、福岡県内でアルバイトをして約8万円の報酬を得ていた。捜査関係者によると、巡査は下関署所属で、福岡県内の派遣型風俗店で働いていたという。

 昨年11月に県警に情報提供があり、女性巡査が「生活費の足しにしたかった」と認めた。県警は「再発防止に向け、指導を徹底したい」としている。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ