2018年11月

GPS捜査で偽証の疑い 警視庁の警部ら4人を書類送検

NHK NEWS WEB
2018年11月30日(金)18時12分

GPS捜査で偽証の疑い 警視庁の警部ら4人を書類送検

窃盗事件でGPS端末を使った捜査をしていたにもかかわらず、担当の捜査員が裁判で「使っていない」とうその証言をしたとして、証言を指示した警視庁の51歳の警部など合わせて4人が、偽証の疑いで書類送検されました。警視庁は4人を停職6か月などの懲戒処分にしました。

書類送検されたのは、警視庁刑事部で窃盗事件の捜査に当たっていた51歳の警部と、部下だった33歳と29歳の巡査部長など合わせて4人です。

警視庁によりますと、4年前の窃盗事件で警視庁がGPS端末を使った捜査を行いましたが、起訴された被告の裁判の中で捜査に当たった巡査部長2人が「使っていない」とうその証言を行い、上司の警部が指示していたとして、それぞれ偽証の疑いが持たれています。

警部は、裁判の前に巡査部長から相談を受けていましたが、「使っていないで通せ」などと指示していたということです。

これまでの調べで、当時、警察庁の通達などでGPS端末を使った捜査について秘密を徹底するよう求められていたことが、背景にあるとみられています。

警視庁によりますと、いずれも容疑を認め、上司だった警部は「GPS端末を使ったことが明らかになると、今後の捜査に支障が出ると思った」などと話しているということです。

警視庁は、証言を指示した警部を停職6か月にするなど4人をいずれも停職の懲戒処分にしました。

警視庁は「警察官としてあるまじき行為で再発防止に努めたい」とコメントしています。


捜査をめぐる動き

この事件の被告は、4件の窃盗などの罪で起訴され、1審で懲役3年の実刑判決を言い渡されていましたが、偽証の疑いが明らかになったあとの2審では、「令状のないGPS捜査による証拠は、証拠能力が否定される」として、このうちの2件について無罪が言い渡されました。

GPS端末を使った捜査を巡っては、最高裁判所が裁判所の令状がなければ、違法だという判断を示して新たな法律の整備を求めたため、警察庁はGPS捜査を控えるよう全国の警察に指示しています。

虚偽の報告書作成で警部補ら書類送検

東京新聞
2018年11月30日(金)17時10分

警部補ら6人を書類送検、神奈川 虚偽の捜査報告書作成疑い

 銃刀法違反事件に関わる家宅捜索令状を請求するため、虚偽内容の捜査報告書を作成したとして、神奈川県警は30日、虚偽有印公文書作成などの疑いで、指示した川崎署の男性警部補(35)と、作成した部下の男性巡査部長(29)ら5人の計6人を書類送検した。県警は同日、警部補を停職3カ月の懲戒処分とし、警部補は辞職。部下も戒告処分などを受けた。

 書類送検容疑は4~5月、うその内容が含まれた捜査報告書17通を作成し、うち16通を上司に提出、決裁させた疑い。

 作成に関わった別の巡査部長が別の上司に報告し発覚。捜査報告書は署長決裁まで済んでいたが、令状請求はされなかった。



病院に他人の血液を提出…「血液型が違う」と病院混乱 都の男性主事を停職1カ月

産経新聞
2018年11月29日(木)19時42分

病院に他人の血液を提出…「血液型が違う」と病院混乱 都の男性主事を停職1カ月

 東京都は29日、患者として受診した都立病院で他人の血液を自分の検体として提出し、病院業務に混乱を引き起こしたとして、病院経営本部の男性主事(44)を停職1カ月の懲戒処分にした。都によると、主事は看護師で、「疲労回復のため服用したサプリメントの影響が検査結果に出て、予定している手術が受けられなくなるのは困ると思い、他人の血液を検体として出すことを思いついた」と説明しているという。

 都によると、平成30年5月24日、主事は看護師として勤務したことのある都立病院を受診。職員を装って採血室の担当者から検査に必要な道具を受け取った。さらに「採血が苦手な後輩に練習をさせたい」として採血室を離れ、元同僚の血液を「研究のために使う」として自ら採血し、自分の検体と偽って提出した。主事の行動に不信感を抱く職員はいなかったという。

 検査の結果、過去の受診歴と血液型が違ったため、病院では患者誤認や取り違いが起きていないか確認する事態になったという。主事は医療従事者の行動としてふさわしくないとして懲戒処分の対象となった。主事は別の病院で看護師として勤務しているという。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ