2018年07月

消防士が街路灯を破損

共同通信
2018年7月31日(火)12時34分

無断で電柱登った消防士を処分
奈良、街路灯の部品を破損

 奈良県広域消防組合(同県橿原市)は31日、無断で電柱に登り街路灯の向きを変えて部品を破損したとして、葛城消防署(同県葛城市)の消防司令補(58)を同日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。

 組合によると今年6月、消防司令補が葛城市の自宅前にある電柱に登る姿を住民が目撃。連絡を受け組合が調べたところ、電柱の街路灯二つの向きが自宅やガレージ方向に変えられ、取り付け用バンドが破損していた。

 消防司令補は「街路灯から異常音がしたのでバンドが緩いと思って締め直した。自宅を照らすように向きを変えたつもりはない」と説明。既に弁償したという。


日高川町職員 女性職員を盗撮し懲戒免職

日高新報
2018年7月30日(月)

日高川町の男性課長 盗撮で懲戒免職

 日高川町は30日、女性職員のスカートの中を複数回にわたって盗撮したとして、60歳の男性課長を28日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 今月11日、7日に庁内に設置した防犯カメラの試運転映像を職員が確認中、9日の映像に男性課長が3回にわたって女性職員のスカートの中にコンパクトデジタルカメラを差し入れている様子を発見。顧問弁護士などと相談し、13日に男性課長を呼び出し、確認したところ盗撮を認めた。

 13日に提出させたデジカメのSDカードには1本5秒程度の動画が30本あり、いずれも同一女性職員とみられる盗撮映像があった。町ではSDカードを復元したところ、新たに100本の動画と、複数の女性職員の立ち姿や後ろ姿などを収めた画像データ602枚が見つかった。さらに自宅からは、昨年7月から撮影した動画47本を収めたSDカードが出てきた。防犯カメラには9日の3回のほか10日に1回、12日に2回、13日に2回の合計8回盗撮する様子が撮影されていた。

 町によると、男性課長は2011年ごろから複数の女性を対象に盗撮してきたと話しており、データが見つかった昨年7月以前のものはすでに消去したという。

 町では27日に職員賞罰審査委員会を開き、常習性が高いことなどから懲戒免職処分とした。

 久留米啓史町長は「職員や住民の皆さまを裏切る行為となり、深くお詫びします。再発防止を徹底するとともに、全職員が公務員としての自覚を持つよう強く指導する所存です」と話している。

 今後、動画や画像に写っていた女性職員に伝える。いまのところ被害届は出していないという。

文部科学省の職員 横領で懲戒免職

NHK NEWS WEB
2018年7月30日(月)16時28分

また文科省職員が… 保護者から集めた770万円横領で懲戒免職

文部科学省の40代の職員が、京都の大学に出向していた際に保護者から預かった後援会の会費およそ770万円を横領していたことがわかり、30日付で懲戒免職となりました。

懲戒免職となったのは文部科学省の40代の職員です。

文部科学省によりますと、この職員は平成27年4月から国立大学の京都教育大学に事務職として出向していましたが、その年の10月ごろからことし6月にかけて、学生の保護者から集めた後援会の会費合わせて770万円を横領したということです。

職員はことし4月に文部科学省に戻りましたが、その後も会費の通帳を管理し続け横領を続けていたということで、文部科学省は30日付けで、この職員を懲戒免職の処分にしました。

今月に入り、通帳が返却されないことを不審に思った大学が文部科学省に連絡して横領が明らかになったということで、この職員は「ついやってしまった。横領した金は遊興費に使った。周りに迷惑をかけた」などと話しているということです。

文部科学省では今月、2人の局長級幹部が相次いで収賄の疑いで逮捕されたばかりです。

文部科学省は「極めて遺憾で綱紀粛正に努めたい」と話しています。


事務次官「ざんきに堪えず申し訳ない」

30日午後に開かれた自民党の文部科学部会で、文部科学省の戸谷一夫事務次官は、「重ね重ねの不祥事についてざんきに堪えず、誠に申し訳なく思っている」と陳謝しました。

そのうえで「今後、文部科学省一丸となって省の再生に向けて1つ1つの取り組みを真摯(しんし)に積み重ねていきたい」と述べました。

また赤池誠章文部科学部会長は記者団に対し、「本当に残念でならない。プロジェクトチームを作るなどして原因分析や再発防止に努めてほしい」と述べました。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ