2017年11月

スカート内盗撮で停職処分

神戸新聞
2017年11月30日(木)22時13分

「通勤中毎日隠し撮り」盗撮職員を懲戒処分 兵庫県

 兵庫県は30日、盗撮を繰り返したとして、神戸県民センターの男性課長補佐(58)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。課長補佐は同日付で退職した。

 県人事課によると、課長補佐は7月、JR垂水駅で、携帯電話で女性のスカートの中を動画撮影した疑いで垂水署に逮捕され、10月に神戸簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。

 2014年4月ごろから盗撮をしていたと述べ「ここ1~2年はほぼ毎日、通勤中や庁内などで隠し撮りをしていた。女性の姿を撮るのが好きだった」などと話したという。

 また、部下の女性にセクハラしたとして農政環境部班長級の男性職員(53)を減給3カ月(10分の1)に、泥酔して駅のホームで女性の腰を触ったとして逮捕された但馬県民局の男性職員(27)を戒告とした。

万引きで丹波市職員を懲戒免職

神戸新聞
2017年11月30日(木)19時51分

丹波市職員 窃盗容疑で逮捕、懲戒免職 万引で停職中

 兵庫県丹波市は30日、スーパーで商品のTシャツに傷を付け、万引したとして逮捕された市道路整備課の男性主幹(43)を、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 市によると、男性職員は5月4日、市内のスーパーでTシャツ6点を破り、別のTシャツ6点(販売価格約1万9千円)を盗んだとして、窃盗と器物損壊容疑で9月23日、丹波署に逮捕された。市の聴取でも逮捕容疑を認めているといい、市は人事考査委員会を開いて処分を決めた。

 男性主幹は8月1日に別の市内のスーパーでざるそばを万引したとして同署に現行犯逮捕され、市は9月1日付で停職3カ月の懲戒処分にしていた。市によると、男性主幹は窃盗と器物損壊の罪で略式起訴され、神戸簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。既に納付したという。

 谷口進一市長は30日、「市職員としてあるまじき行為。信頼を失墜させることになり心からおわび申し上げます。法令順守を徹底し、信頼回復に向け綱紀粛正に努めてまいります」とコメントを発表した。

都職員を懲戒処分、工事単価など情報漏えい

TBS
2017年11月29日(水)20時00分

都職員を懲戒処分、工事単価など情報漏えい

 東京都は、島しょ部の公共施設の補修工事などで、職員が業者に有利になるよう工事単価などの情報を漏らしていたことが分かったとして、懲戒処分を行ったと発表しました。

 東京都によりますと、総務局の27歳の男性職員は島しょ部の事業所に勤務していた去年2月と今年2月、都の公共施設の補修工事2件で、事前に設定している工事単価などの情報を業者が有利に契約できるよう漏らしていたということです。さらに、他の契約を点検したところ、同じ事業所の53歳の別の男性職員も去年2月の工事2件で、また、この職員の前任にあたる産業労働局の55歳の男性職員も4件の工事で情報を漏らしていたということです。

 東京都は3人の職員を停職1か月から6か月の懲戒処分としたほか、監督責任を怠ったとして、当時の上司にあたる参事ら8人を減給などの処分にしました。職員と業者の間に金品の受け渡しの事実は確認できなかったということですが、東京都は刑事罰にあたるかどうか警察と協議しています。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ