2017年05月

長期無断欠勤の陸自隊員 懲戒免職

2017年5月29日(月)20時32分 朝日新聞デジタル

「帰隊遅延の指導怖くて」陸自隊員が126日間無断欠勤

 正当な理由なく126日間欠勤したとして、陸上自衛隊第14旅団(香川県善通寺市)は29日、第14後方支援隊に所属する男性陸士長(22)を懲戒免職にし、発表した。

 同司令部広報班によると、陸士長は善通寺駐屯地内に住んでいた昨年11月27日、外出許可を受けていた時刻を過ぎても帰隊せず、そのまま行方不明になった。陸士長は「近くのネット喫茶で寝過ごしてしまい、帰隊遅延の指導を受けるのが怖かった」と話しているという。

 その後、徳島、神戸両市、東京都内などのネット喫茶やカラオケ店で過ごしたが、3月末に隊の先輩に「手持ちの金がなくなった。そろそろなんとかしなくては」と電話し、助言に従って県内に戻った4月2日に保護されたという。


警察官が見分状況書を無断で書き換え

2017年5月27日(土)05時00分 産経WEST

「安易にやってしまった」交通事故の見分状況書を書き換え、署員2人を書類送検 滋賀県警

 交通事故の見分状況書を当事者に無断で書き換えたとして、滋賀県警が県内の警察署に勤務する30代の男性警部補と40代の男性巡査部長を、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで書類送検していたことが26日、県警への取材で分かった。県警は10日付で2人を所属長訓戒とした。

 県警監察官室によると、警部補と巡査部長は平成25年9月、県道交差点で軽乗用車同士が衝突し、女性1人が軽傷を負った事故の捜査を担当。警部補らは、当事者2人から現場や事故時の状況を聞き取った見分状況書と供述調書を作成、上司に提出した。

 見分状況書と供述調書で発生現場の地図の一部に食い違いがあったため上司が指摘したが、その後、2人は事故当事者に再調査しないまま、両方の書類で整合性が取れるよう地図を書き換えていた。

 今年1月、事故当事者の1人からの申し立てを受けて県警が当時の書類を調べたところ、書き換えが発覚した。警部補らは「書き換えても事故の事実や刑事処分に影響がないと思ったので、安易にやってしまった」などと話しているという。

病気を理由に休暇を取ってパチンコ

2017年5月26日(金)21時14分 朝日新聞デジタル

「ノロ患った」とウソ、パチンコへ 国税職員を懲戒処分

 病気だとうその申告をして休暇を取りパチンコをしていたなどとして、福岡国税局は26日、長崎県内の税務署に勤める20代の男性事務官を停職3カ月の懲戒処分にし、発表した。事務官は「同期より仕事ができず劣等感を感じていた。人と接する仕事がつらかった」と説明しているという。同日付で辞職した。

 同局によると、事務官は昨年4月~今年4月、体調不良やノロウイルスを患ったことを理由に、計47日の病気休暇を取得した。だが実際はパチンコ店やネットカフェで過ごしていた。

 今年3月下旬、熱が出たとの理由で休暇を取った際、パチンコ店や居酒屋に出入りする姿を同僚に見られ、発覚した。不正に受け取った休暇分の給与や賞与計約53万円は返還させた。

 国税広報広聴室は「国民の信頼を損なうもので、誠に遺憾」としている。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ