2016年11月

50人にいたずら電話 桑名市職員懲戒免職

2016年11月30日(水)20時41分 中日新聞 CHUNICHI Web

来庁の女性50人の個人情報悪用 桑名市職員を懲戒免職

 来庁した女性約50人の提出書類から個人情報を控え、私的に連絡したとして、三重県桑名市は30日、障害福祉課の男性主事(24)を懲戒免職処分にした。桑名署が市個人情報保護条例違反の疑いで調べている。

 市によると、男性主事は入庁3年目で独身。一昨年夏から今年6月にかけ、課で受けた申請書などから10代後半~20代前半の女性の名前や電話番号を控え、自宅から知人や同級生を装って電話していた。

 十数人と通話して3人と会い、うち1人と交際していたという。約50人の女性たちにはいずれも、何らかの障害があった。

 不審に思った1人が7月、署に相談。署から連絡を受けた市が調査していた。市の聴取に、主事は「最初はいたずらのつもりだった。誰かと話をしたかった」と認めたという。

 市は上司の保健福祉部長を懲戒戒告、障害福祉課長を訓告の処分にした。伊藤徳宇市長は「不祥事防止対策を徹底し、市民の信頼を1日も早く回復できるよう尽くす」とコメントした。

農水省職員ら贈収賄容疑

2016年11月28日(月)18時36分 朝日新聞DIGITAL

農水省職員ら2人逮捕 震災復旧めぐる贈収賄容疑 山形

 東日本大震災の復旧工事の一般競争入札に絡み、設計金額などを業者に伝え、飲食などの接待を受けたとして、山形県警は28日、農林水産省九州農政局西諸農業水利事業所付、白谷光市容疑者(58)=宮崎市清武町=を加重収賄容疑で、土木建設会社開成工業(本社・熊本市)の広島営業所長、古閑大己容疑者(54)=広島市安佐北区亀山9丁目=を贈賄容疑で逮捕し、発表した。

 捜査2課によると、逮捕容疑の入札は宮城県亘理町の海岸で排水などをするゲートの復旧工事をめぐるもので、2014年11月に実施された。当時、この工事を所管する東北農政局の出先事務所の課長だった白谷容疑者は入札前、設計金額や参加業者などを古閑容疑者に伝え、見返りに同年11月~15年4月、仙台市内で複数回、飲食や宿泊で計十数万円の接待を受けた疑いがある。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 復旧工事の予定価格は約9600万円。計5社が入札に参加し、開成工業が約9千万円で落札した。東北農政局によるとゲートは今年1月に完成したという。

速度違反で消防士を逮捕

2016年11月28日(月)17時30分 産経WEST

オービスは見逃さなかった…31歳消防士が速度違反20件超、50キロオーバーも 大阪府警

 大型スクーターを時速114キロで運転したとして、大阪府警吹田署は28日、道交法違反の疑いで、大阪府豊中市消防局の消防士の男(31)を逮捕した。男の運転とみられるスクーターが速度超過で走行している様子が昨年以降、府内に設置された速度違反自動取り締まり装置「オービス」に20件以上写っていたといい、関連を調べている。

■時速100km…大型スクーター通勤

 逮捕容疑は、3月6日午前9時過ぎ、同府吹田市内の国道で大型スクーターを運転中、60キロの制限速度を54キロオーバーしたとしている。

 同署によると、男は「(オービスの)赤い光が光った」と容疑を認めている。オービスに記録されていた画像ではスクーター後部のナンバープレートが確認できず、画像を解析するなどして男を割り出したという。

 豊中市消防局によると、男は通勤にスクーターを使っていた。同局は「事実関係を確認して厳正に対処する」としている。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ