2016年09月

リベンジポルノ防止法違反で自衛官逮捕

2016年9月28日(水)15時54分 産経WEST

15歳少女の裸写真、ツイッターで公開 容疑で22歳自衛官逮捕 別れ話切り出され

 知り合った少女(15)の裸の写真を短文投稿サイト「ツイッター」で公開したとして、愛媛県警新居浜署は28日、リベンジポルノ防止法違反などの疑いで北海道千歳市の航空自衛官、石岡龍容疑者(22)を逮捕した。

 逮捕容疑は6月3日~7月3日ごろまでの間に、愛媛県内に住む少女の写真や住所、氏名をツイッターに2回掲載したとしている。

 新居浜署によると、石岡容疑者と少女はネット上で知り合い、少女が交際をやめたいと伝えると写真が掲載されたという。

 千歳基地司令の安藤忠司空将補は「隊員が逮捕されたことは誠に遺憾。規律違反発生の防止に万全を期す」とコメントした。石岡容疑者は武器の整備などを担当していた。


申請書類放置で羽曳野市職員減給

2016年9月28日(水)17時44分 産経WEST

生活保護の支給申請書類95人分放置 大阪・羽曳野市の28歳職員を減給処分

 大阪府羽曳野市は28日、生活保護関連の申請書類を放置したとして、環境衛生課の男性職員(28)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。

 市によると、男性職員は福祉総務課に勤務していた平成23年10月~今年1月の間、生活保護費の定額支給以外に支給される通院交通費やおむつ代などの一時支給分の申請書類を受け取ったのに、67世帯95人分を放置。計約274万円が支給されなかった。

 さらに、年金改定通知書類32世帯43人分を放置したため、計約256万円が過大に支給された。生活保護受給者から一時金の支払いがないなどの指摘が市に届き、放置が発覚した。


海自3隊員、大麻使用で免職 京都・舞鶴地方総監部

2016年09月30日(金)12時39分 京都新聞

海自3隊員、大麻使用で免職 京都・舞鶴地方総監部

 海上自衛隊舞鶴地方総監部は30日、大麻を使用したとして、舞鶴基地業務隊(京都府舞鶴市)の3等海曹3人を同日付で免職の懲戒処分にしたと発表した。

 同総監部によると、7月27日に抜き打ち検査で25歳隊員1人から大麻の陽性反応が出たため、同隊員が所属した部隊などの約500人を検査、新たに2人から反応が出た。

 27歳隊員は5月に大阪府の繁華街で見知らぬ外国人から無償で大麻を譲り受けたと説明、同僚のいずれも25歳の隊員2人を誘い、勤務後の7月26日夜に福井県内で自家用車の車内で一緒に使用した。27歳隊員は舞鶴市内の自宅でも使用した。

 3人は9月15日に京都地検舞鶴支部に大麻取締法違反容疑で書類送検された。警務隊は他の隊員も使用していないか調査、「その他の隊員に大麻使用の兆候はない」としている。

 舞鶴基地業務隊司令笹野英夫2等海佐は「自衛隊の信用を失う事案を生起させ、誠に遺憾。厳正に受け止め、一層の服務指導を徹底し、国民の信頼回復に努める」としている。

 舞鶴基地では昨年9月、護衛艦「あさぎり」所属の1等海士(当時)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで大阪府警に逮捕されている。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ