2015年12月

酒気帯び運転の疑いで石巻市職員を逮捕

2015年12月30日(水)07時01分 産経ニュース

酒気帯び運転の疑いで石巻市職員を逮捕

 石巻署は29日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、石巻市の主任主事、亀山友夏容疑者(37)=東松島市大曲筒場=を逮捕した。容疑を認めている。

 署によると、亀山容疑者は同僚の市職員との忘年会に参加。ビールや日本酒を飲んだ後、帰宅のために車を運転した。

 逮捕容疑は28日午後8時50分ごろ、酒気を帯びた状態で運転し、石巻市内の国道398号で前方に停止していた19歳男性の車に追突した疑い。男性は首を捻挫するなど軽傷。

 石巻市では今年6月と、今月22日にも飲酒運転で職員が逮捕されている。亀山紘市長は「重大な犯罪行為をまた起こしたことは痛恨の極み。信頼回復に努めたい」とのコメントを出した。


万引きで埼玉県職員停職

2015年12月26日(土)07時08分 産経ニュース

頭真っ白に…所持金5万円で万引 埼玉県職員を停職処分

 県人事課は25日、所沢市内の書店で万引をしたとして、県住宅課の男性主事(29)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 同課によると、主事は10月7日午後7時ごろ、帰宅途中に同市内の書店で新書2冊(計2462円相当)を万引したとしている。

 主事は当時、父が余命宣告を受けたことや友人の自殺を知らされ「頭の中が真っ白で衝動的に万引した。多大な迷惑をおかけして申し訳ない」と謝罪。所持金は5万円あったという。同課は「県民に深くおわびし、綱紀粛正を徹底する」とコメントした。

武雄市職員が飲酒運転

2015年12月19日(土)07時01分 産経ニュース

飲酒運転容疑で武雄市係長書類送検 佐賀

 佐賀県武雄市は18日、農林業や観光などの振興を扱う営業部の男性係長(42)が、職場の懇親会と2次会に参加し、酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで書類送検されたと発表した。市は「検察などの処分内容がはっきりした段階で、厳正に対処したい」としている。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ