2015年09月

警察官が60キロ速度違反、2人処分 長野県警

2015年9月29日(火)19時03分 産経ニュース

警察官が60キロ速度違反、2人処分 長野県警

 長野県警は春の全国交通安全運動期間中などに乗用車を運転して50~60キロ超の速度違反をしたとして、警部補(58)と巡査(24)の2人を戒告処分としていたことが29日、県警への取材で分かった。

 県警監察課によると、警部補は5月8日、県内の高速自動車道で制限速度を63キロオーバーする時速143キロで走行した。処分は7月9日付。巡査は5月11~20日に実施された春の全国交通安全運動期間中の16日、県内の高速自動車道で制限速度を55キロオーバーする時速135キロで走った。処分は9月3日付。

 2人はいずれも休暇中で、実家に帰省する途中に摘発された。監察課は「交通ルールを守るべき警察官としてあってはならないこと。引き続き職員の意識を徹底させていく」としている。


警部補が死亡事故を起こし現行犯逮捕

2015年09月30日(水)02時30分 朝日新聞DIGITAL

2人はね1人死亡させた疑い 道警警部補を現行犯逮捕

 北海道佐呂間町若佐の国道333号で29日午後8時15分ごろ、近くに住む女性2人が乗用車にはねられた。無職畑陽子さん(84)が全身を強く打って約1時間後に搬送先の病院で死亡し、無職丹野富代さん(85)が腹部にけがを負った。

 遠軽署は、乗用車を運転していた道警本部警備部外事課警部補の大家正人容疑者(43)=札幌市東区北51条東7丁目=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 同署によると、現場は片側1車線の直線道路。はねられた女性2人は、知人の車から降りた後、車の後ろ側から国道を横断しようとしてはねられたらしい。大家容疑者は勤務中ではなかったという。


同僚の金盗んだ3等陸曹を免職 陸自松戸駐屯地

2015年09月30日(水)11時34分 ちばとぴ

同僚の金盗んだ3等陸曹を免職 陸自松戸駐屯地

 松戸市の陸上自衛隊第2高射特科群は29日、同日付で同僚隊員の金を盗んだ男性3等陸曹(29)を懲戒免職処分にしたと発表した。

 松戸駐屯地広報班によると、3等陸曹は昨年11月10日から12月17日の間に、勤務する柏市内の柏教育訓練場内で、複数の同僚隊員の財布から計10万円を盗んだ疑い。盗まれた隊員が現金の不足に気付き、同駐屯地の第127警務隊が窃盗容疑で捜査していた。3等陸曹は「小遣い欲しさにやった」と容疑を認め、今年4月20日付で地検松戸支部に書類送検した。

 同群の梶原新吾群長は「日頃から規律の厳守を徹底しているが誠に遺憾。今後は教育指導の徹底を図り、再発の防止に努めたい」とコメントを発表した。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ