2015年07月

熊本市職員「安易な気持ちで」家庭ごみ持ち込み処分

2015年7月31日(金)12時22分 nikkansports.com

熊本市職員「安易な気持ちで」家庭ごみ持ち込み処分

 熊本市は31日、ごみ収集を担当する西部クリーンセンター職員の少なくとも11人が、自分の家庭ごみを施設に持ち込んで処分していたと発表した。有料ごみ袋を使っていないケースもあった。指定された収集場所以外へのごみ出しは条例で禁止されており、処分を検討している。

 市によると、センターは収集車で集めた家庭ごみを焼却場へ配送する施設。職員は平日の出勤時、持ち込んだ家庭ごみを駐車場に止められている収集車に入れていた。市の聞き取りに対し「安易な気持ちでやった」と説明したという。

 熊本市環境局の前田安利次長は「市民にごみ出しのルールを指導すべき立場の職員として絶対にあってはならない行為で、厳正に対処する」と話している。


酒気帯び運転で速度超過 愛知県職員逮捕

2015年7月30日(木)22時01分 産経ニュース

27歳愛知県職員、117キロで酒気帯び運転 免許写し改ざん発覚逃れ

 愛知県は30日、心身障害者コロニー中央病院(春日井市)に勤める看護師の男性職員(27)が昨年3月、時速117キロで酒気帯び運転し、道交法違反の罪で罰金33万5千円の略式命令を受けていたと発表した。

 上司に報告せず、四半期ごとにある全職員の運転免許の点検は改ざんした免許証の写しを提出し、発覚を逃れていた。県は懲戒処分する。

 県によると、職員は昨年3月18日午後10時ごろから3時間ほど、友人宅で飲酒。仮眠して帰宅中の19日午前10時半ごろ、制限速度80キロの自動車専用道路を117キロで走り、同県武豊町で県警に摘発された。


酒気帯び運転や暴行で自衛官2人を停職処分

2015年7月30日(木)18時23分 産経ニュース

酒気帯び運転、同僚殴る…陸自隊員2人を停職処分 北海道

 北海道旭川市の陸上自衛隊第2師団は30日、千歳市で車を酒気帯び運転したとして道警が道交法違反容疑で摘発した第2後方支援連隊の男性2等陸曹(37)を停職15日の懲戒処分にした。

 また、同僚と口論した末、相手の顔を殴って4週間のけがを負わせたとして、第2通信大隊の男性陸士長(23)を停職10日の懲戒処分にした。事件は警務隊が傷害の疑いで摘発したという。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ