2015年05月

名誉毀損で阿波市職員が停職

2015年05月28日(木)11時43分 YOMIURI ONLINE

知人男性の顔写真入り貼り紙、市女性職員を停職

 徳島県阿波市は27日、名誉毀損きそん容疑で逮捕された同市吉野支所地域課の女性課長補佐(56)を、停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、課長補佐は市の調査に事実を認め、反省しているという。

 課長補佐は4月27日、知人男性の顔写真と、実名や「彼女募集」などの言葉を記した紙を市内のガードレールなどに貼り付けたとして、阿波吉野川署に同容疑で逮捕された。徳島地検に送検されたが、逃走の恐れがないなどとして釈放。任意で捜査が続けられている。


三原市職員不正アクセスの疑い

2015年05月27日(水)21時12分 NHK NEWS WEB

三原市職員不正アクセスの疑い

三原市の職員が、市の人事情報を管理するコンピューターのサーバーに不正にアクセスしたとして、警察に逮捕されました。

アクセスしたとみられる日は市の人事異動の発表前日で、警察は自分の人事情報を確認しようとした疑いもあるとみて調べています。

逮捕されたのは三原市下水道整備課の主査、熊谷成則容疑者(47)です。

警察によりますと熊谷主査はことし3月、市の職員914人分の異動や昇級の情報が管理されたコンピューターのサーバーに7回にわたり不正にアクセスしたとして、不正アクセス禁止法違反の疑いが持たれています。

警察や三原市によりますと、アクセスができるIDとパスワードは人事担当の一部の職員のみに交付されていますが、熊谷主査はこのIDなどを無断で使い、勤務時間中に公用のパソコンからアクセスしていたとみられるということです。

調べに対し容疑を認めているということです。

警察によりますとアクセスしたとみられる日は市の人事異動の発表前日で、警察は自分の異動や昇級を確認しようとした疑いもあるとみて、IDとパスワードの入手のいきさつや動機について調べています。

三原市の天満祥典市長は、「公務員としてあるまじき行為であり、今後は職員規律の一層の徹底を図っていきたい」とするコメントを出しました。


同僚の診療証盗んでカード作成、現金引き出す 女性陸曹を懲戒免職

2015年5月25日(月)13時04分 産経ニュース

同僚の診療証盗んでカード作成、現金引き出す 女性陸曹を懲戒免職

 陸上自衛隊霞ケ浦駐屯地(茨城県土浦市)は25日、金融機関のカードを本人に無断で作り、カードローンで約130万円を引き出したとして、関東補給処所属の20代の女性陸曹を懲戒免職にしたと発表した。

 駐屯地によると、女性陸曹は平成22年、健康保険証に相当する同僚隊員の自衛官診療証を盗み、カードを作成。22~25年の間、カードローンで44回にわたり、計約130万円を引き出したとしている。

 同僚隊員に昨年1月、督促状が届き、発覚した。「借金返済や生活費に充てた」と話しているという。駐屯地の警務隊が昨年、窃盗などの容疑で書類送検していた。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ