2015年01月

福島県職員が線量計横流し

2015年1月28日(水) デイリースポーツオンライン

福島県職員が線量計横流し

 福島県は28日、30代の男性職員が県所有の個人被ばく線量計181本(約375万円相当)を無断で持ち出し、約90万円で業者に売却していたと発表した。窃盗容疑での告訴を検討している。

 県によると、職員は地域医療課に在籍し被ばく医療担当で、線量計の購入や管理をしていた2013年10~11月、181本を福島市のリサイクル業者や埼玉県の測量機器買い取り業者に売った。パチンコでの借金返済に充てたと話し、弁済する意向という。

 線量計は県職員が放射線量の高い地域に行く場合や、訓練で使う。今月、県に納品された線量計が個人からメーカーに修理で持ち込まれ、発覚した。

消防士が男子高校生にわいせつ

2015年1月27日(火) デイリースポーツオンライン

消防士が強制わいせつ容疑

 電車で高校1年の男子生徒(15)の下半身を触ったとして、大阪府警都島署は27日、強制わいせつの疑いで、同府吹田市消防本部の消防士中本裕也容疑者(26)=同府枚方市=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は27日午前7時55分~8時15分ごろ、京阪本線の特急電車内で生徒の下半身を触った疑い。容疑を認めている。

 都島署によると、京阪京橋駅で電車から降りたが、生徒らに取り押さえられた。

続きを読む

強制わいせつ致傷容疑で本庄署巡査部長を逮捕 / 埼玉

2015年1月27日(火)  埼玉新聞

強制わいせつ致傷容疑で本庄署巡査部長を逮捕/県警、寄居署

 県警捜査1課と寄居署の合同捜査班は26日、強制わいせつ致傷の疑いで、深谷市武蔵野、本庄署の交通課巡査部長浅間雄大容疑者(27)を逮捕した。

 逮捕容疑は2012年9月11日午後9時20分ごろ、寄居町内の町道で、徒歩で帰宅途中の当時10代後半の女性を背後から押し倒し、体を触るなどして、両膝や左肩に1週間のけがを負わせた疑い。「間違いない」と容疑を認めているという。

 同課によると、12年夏ごろ、複数の女性から、周辺地域で夜間に、車を降りた不審な男から声を掛けられたという内容の相談があった。県警が未解決事件の捜査をしていたところ、目撃情報などから車のナンバーの一部や型式などが判明し、浅間容疑者が所有する車が浮上。本人に事情を聴いたところ、犯行を認めたという。

 現場は閑散とした住宅地。浅間容疑者は犯行当時、県警本部交通指導課の巡査として勤務していた。仕事帰りに犯行に及んだとみられる。浅間容疑者は余罪について供述しておらず、県警も複数の不審な声掛け事案について、浅間容疑者による犯行と特定していないとしている。

 本庄署の長沢良一副署長は「署員が逮捕されたことは大変遺憾。今後の捜査結果を踏まえ、再発防止対策を徹底し、信頼回復に努めてまいります」とコメントを出した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ