2013年08月

女子高生に痴漢の疑いで18歳巡査を逮捕

2013年8月25日(日)13時30分 nikkansports.com

女子高生に痴漢の疑いで18歳巡査を逮捕

 北海道警は25日、札幌市内の書店で女子高生の体を触ったなどとして、道迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで警察学校初任教養部に所属する巡査の男(18)を逮捕した。道警によると、巡査は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は11日午後5時半ごろ、札幌市豊平区にある商業施設内の書店で、高校1年生の女子生徒の太ももを触ったり、下着の肩ひもを引っ張ったりした疑い。11日は休暇だったという。

 道警監察官室によると、巡査が店を出た後、女子生徒が店に被害を申し出た。24日に巡査が再度来店した際、人相が似ているとして警戒中の警備員が110番した。

 巡査は今年4月に採用されたばかりで、監察官室はこれまでの勤務態度について「問題はなかった」としている。

福井県警の警部補、被害者住所漏らす 恐喝の組員側に

2013年8月23日(金)14時34分 中日新聞 CHUNICHIWeb

福井県警の警部補、被害者住所漏らす 恐喝の組員側に

 福井県警の警部補(56)が、県内の暴力団組員が起こした恐喝事件の被害者の住所を加害者側に漏らし、2007年10月に県警監察課が事実を把握しながら、立件しないまま時効を迎えたことが分かった。県警は23日、この警部補を停職3カ月の懲戒処分とし、警部補は依願退職した。県警はさらに、警察庁が当時の福井県警本部長と警務部長の口頭厳重注意処分を検討していることを明らかにした。

 県警によると、恐喝事件は07年に発生。被害者の男性は県内に住んでいたが、組員による恐喝から逃れるため県外の知人宅に身を隠していた。07年9月下旬、当時越前署に在籍していた警部補=現坂井署警部補=が、知人男性から被害者男性の住所の割り出しを頼まれ、交通違反者を検索できる内部システムで照会。判明した被害者男性の住所を知り合いの男性に伝えた。

 組員は後日、警部補から知人男性を通じて手に入れた住所を基に、被害者男性が身を寄せていた知人宅を訪問。被害者男性に被害届を取り消すよう脅迫した。組員が「交通違反をしたから住所が分かった」と話したことから不審に思った被害者男性が07年10月に県警に問い合わせていた。

 県警は、警部補と組員の関係などを捜査したが取り調べはしていなかった。今年2月に被害者男性から再び問い合わせがあり、3月に警部補らを調べて事実を確認したという。

 情報漏えいは地方公務員法違反(守秘義務違反)に該当し、時効は3年。県警は、警部補と住所の割り出しを依頼した男性を23日、同法違反容疑で書類送検したが、時効を過ぎているため立件は見送られる。

 県警は同日、会見を開き、平谷貞樹主席監察官が「関係者や県民の信頼を損なったことを深くおわびをする」と陳謝した。

飲酒運転で津市水道局職員を現行犯逮捕

2013年08月22日(木) 毎日jp三重版

飲酒運転:津市職員、容疑で現行犯逮捕−−津署 /三重

 津署は21日、津市愛宕町の同市水道局浄水課職員、前田高弘容疑者(53)を道交法違反(飲酒運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 容疑は同日午後0時半ごろ、同市大門の市道交差点付近で、飲酒し軽乗用車を運転したとされる。「自宅で飲んで運転した」と容疑を認めている。

 同署によると、交差点に赤信号で停止していた乗用車に前田容疑者が追突。通報を受けた署員が酒の臭いに気付き、呼気を検査したところ基準値以上のアルコールが検出された。

 前田容疑者は20日が当直勤務明けで21日は非番だった。21日朝、酒を飲み、コンビニエンスストアに行った帰りに事故を起こした。事故によるけが人はいない。

 ◇「厳正に処分」市水道局が謝罪

 津市は21日夜、緊急記者会見を開き、松田千秋水道総務課長が、「今回のような事態を起こし痛恨の極み。市民におわびし、綱紀粛正に努めます。事実確認の上、厳正に処分します」などと謝罪した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ