2013年07月

ごみ不法投棄で男性職員と妻らを書類送検

2013年07月30日(火)13時50分 京都新聞

京都市のまち美化職員が不法投棄容疑 他人マンションにごみ

 引っ越しで出たごみや家庭ごみを他人のマンションのごみ集積所に不法投棄したとして、山科署は30日、廃棄物処理法違反の疑いで、京都市伏見まち美化事務所の男性職員(35)と妻(38)=伏見区=、職員の2人の兄=(41)、(39)=を書類送検した。

 書類送検容疑は、職員と兄2人は5月25日、兄の引っ越しで出たDVDプレーヤーなどのごみを、山科区勧修寺のマンションのごみ集積所に捨てた疑い。職員と妻は6月1日、衣類や郵便物を同じ集積所に捨てた疑い。

 山科署の説明では、職員は「安易にやってしまった」と容疑を認めている。マンション管理人が、外部からごみが持ち込まれているのに気付き、捨てられた郵便物に職員の名前があったため発覚したという。

 市環境政策局によると、職員は家庭ごみの収集を担当していた。同局は「あってはならない行為で書類送致され、極めて遺憾」とコメントした。

職員3人を、5日・1ヶ月・4ヶ月の停職処分 福岡

2013年7月29日(月) 21時12分 RKB毎日放送

福岡県職員“盗撮”で停職4か月

福岡県はきょう、女性の下着を盗撮した男性職員など、職員3人の懲戒処分を発表しました。

きょう付けで懲戒処分を受けたのは、福岡県の係長級の職員2人を含むいずれも男性の職員3人です。

このうち、停職4か月となった保健医療介護部の37歳の男性係長は、今年5月、研修で赴任先の東京都内の商業施設で、女性の下着を盗撮しようとし、警察から任意で事情聴取を受けました。

県によりますと、この係長は、今年3月に車のキー型や腕時計型のカメラを福岡で購入しており、盗撮した写真をUSBメモリーに保存していました。

県の調査に対し、係長は「女性の後ろ姿を撮影するうち、エスカレートした」と話しているということです。

福岡県職員の懲戒処分は今年度、これで4人となり、県はきょう、課長を集め、綱紀粛正に努めるよう通告しました。

巡査部長が署内トイレで自殺未遂

2013年7月28日(日)11時3分 朝日新聞DIGITAL

巡査部長が拳銃自殺未遂 新潟・村上署 意識不明の重体

 新潟県警村上署は28日、同署地域課の巡査部長の男性(34)が同日午前5時40分ごろ、同県村上市の同署内で頭を拳銃で撃って自殺を図った、と発表した。巡査部長は同市内の病院に搬送されたが、意識不明の重体という。

 同署によると、28日午前5時40分ごろ、署内で銃声がしたため、署員が調べたところ、3階男子トイレの個室で巡査部長が倒れていたという。巡査部長らは27日午前9時から当直勤務中だった。遺書は見つかっていないが、個室は内側からかぎがかかっていたといい、同署は巡査部長が自殺を図ったとみて、詳しい動機を調べる。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ