2013年05月

飲酒検知拒否の善通寺市議を現行犯逮捕

2013年5月26日18時03分 読売新聞 YOMIURI ONLINE

市議、コップ投げつけ飲酒検知を拒否…逮捕

 飲酒検知を拒否したとして、香川県警丸亀署は25日、善通寺市議の中村晋章(のぶあき)容疑者(37)(善通寺市与北町)を道交法違反(飲酒検知拒否)容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、中村容疑者は同日午前3時35分頃、丸亀市中府町の県道で車を運転。飲酒検問中の警察官から呼気検査に応じるよう求められたが、うがい用のコップを地面に投げつけるなどして拒否した疑い。

 調べに対し「酒を飲んで乗用車を運転したことは認めるが、飲酒検知は拒否していない」などと話しているという。

 丸亀署に連行後の飲酒検知では、呼気から基準値を超えるアルコール分が検出され、同署は飲酒運転の容疑でも調べる。

 中村容疑者は2011年の統一地方選で善通寺市議に初当選し、1期目。今月20日の臨時会で教育民生委員会の副委員長に就任していた。

広島市職員を飲酒運転で書類送検。尾道市職員を当て逃げで逮捕。

2013年5月28日(火)18時55分 中国放送 RCCニュース

後絶たぬ飲酒運転 公務員の摘発相次ぐ

 飲酒運転撲滅の声が高まっている中で、公務員による飲酒運転が相次いで発覚しました。

 広島市の職員は書類送検。当て逃げの疑いで逮捕された尾道の職員は、「酒を飲んでいて覚えていない」と供述しています。

 (飲酒検問の様子)「息して…(ハー)」

 撲滅に向けて様々な取り組みが進む飲酒運転…。県内では事故の件数は減っていますが、検挙の件数は増加しているといいます。

 警察は来月1か月間特別捜査隊を組織して、覆面パトカーなどによる取り締まりを強化することを決めました。

 そんな中、公務員による飲酒運転が相次いで発覚しました。

 広島市の安佐北区役所に勤務している57歳の男性職員が書類送検されました。

 7日の午前8時過ぎに酒気を帯びた状態で乗用車を運転して、駐車していた2台の車に衝突しました。

 (宮原大輔記者)「男性職員はさらに運転を続け、およそ600m離れたこちらの石段に衝突したということです」

 職員は事故を警察に届け出なかった疑いがもたれています。

 尾道市の職員は当て逃げや無免許運転の疑いで逮捕されました。

 水道局の技師・杉野原隆之容疑者は、25日の未明に福山市の国道2号で、車線変更をした際に他の車と接触しましたが、その場から逃げた疑いがもたれています。

 杉野原容疑者は、「事故については酒を飲んでいたため覚えていない」と供述しているといいます。

 免許取り消しとなった後も車での通勤や公用車の運転を続けていたという杉野原容疑者…。

 尾道市の調査にこれまでに5回程度飲酒運転をしたことを認めたということです。

「キスくらいなら大丈夫だと思った・・」 セクハラで越谷署の前署長を停職3ヶ月 → 同日付で依願退職

2013年5月22日(水)18時05分 MSN産経ニュース

前越谷署長、知人女性を抱き締めキス、停職処分受け退職 埼玉

 埼玉県警は22日、知人の女性にセクハラ(性的嫌がらせ)行為をしたとして、前越谷署長の緑川清正警視(60)を停職3月の懲戒処分にしたと発表した。緑川警視は同日付で依願退職した。

 県警監察官室によると、緑川警視は3月下旬、同県越谷市内で知人の女性と夜桜見物をしていた際に、嫌がる女性を抱き締め、署長公舎に連れて行きキスするなどした。

 調査に対し「キスくらいなら大丈夫だと思った。魔が差した」と説明したという。

 監察官室に情報提供があり発覚した。県警は4月15日付で緑川警視を更迭、警務部付としていた。女性に告訴の意向はないという。

 石井正則首席監察官は「職務倫理教養を徹底し再発防止に万全を期したい」とコメントした。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ