2012年06月

福岡市、職員7人を懲戒処分へ。一度に発表する処分件数としては過去最多。

2012年6月30日(土) 読売新聞 YOMIURI ONLINE 九州発

収賄・着服の福岡市職員2人、懲戒免職に

 福岡市は29日、飲酒絡みの暴行事件など一連の不祥事7件について、免職2人を含む計7人の懲戒処分を発表した。市によると、一度に発表する処分件数としては過去最多。市は「6月中に処分をという市長の指示もあり、まとめて発表した。7人もの処分は異例の事態であり、市民におわびしたい」としている。

 市人事課によると、西鉄天神大牟田線高架化事業の移転補償に絡む汚職事件で、収賄罪で起訴された元土地開発公社係長の佐藤敬三被告(56)と、国民健康保険の還付金など数百万円を着服した東区保険年金課(当時)の男性職員(31)を28日付で免職。佐藤被告の上司だった公社課長も戒告とした。

 このほか、酒に酔って同僚を殴り、けがを負わせた市保育課の男性係長(48)を停職3か月▽タクシー運転手に暴行した元市営渡船機関長の男性職員(52)を停職15日▽駅員への傷害容疑で県警に書類送検された市民局の男性係長(49)を減給6か月(10分の1)▽生活保護に関する書類を偽造した元南区保護課の男性職員(26)を減給1か月(同)とした。

福岡市、職員が自宅外で飲酒することを1ヶ月間禁止

2012年5月20日(日) 西日本新聞朝刊

自宅外1ヵ月禁酒 福岡市 21日から 不祥事続き職員に厳命

 酒に酔った福岡市職員2人が暴行と傷害容疑で相次いで逮捕されたことを受け、福岡市は19日、21日から1カ月、職員が自宅外で飲酒することを禁じる方針を固めた。綱紀粛正を唱えても不祥事が後を絶たないためで、高島宗一郎市長が「1カ月禁酒」を打ち出した。福岡市教委も同じ対応を取る見通し。

 福岡市は19日に緊急幹部会議を開催。高島市長は「悔しくあきれ果てている。1カ月、公私ともに外出したときは酒を飲むなという気持ち。ペナルティーですよ。大人扱いできない。職員酒禁止、それぐらい思っている」と述べた。

 市人事課によると、外出先での飲酒を禁じ、断れない酒席への誘いがあった場合はウーロン茶などで対応する。自宅での飲酒は認める。同僚宅や友人宅で酒を飲むことは禁じる方向。

 飲酒を禁じる法的規定はないため、自宅外での飲酒が発覚しても処分はできないが「処遇も含めて、厳しく指導する」(市人事課)という。

 このほか、不祥事の再発防止策として、問題を起こした際には、これまでより重い処分を科す方向で、調整している。

 福岡市では飲酒運転や贈収賄事件など、不祥事が続発。市は綱紀粛正を唱えたにもかかわらず、公共事業の移転補償をめぐる収賄容疑で17日に市土地開発公社職員が逮捕された。市役所に家宅捜索が入った18日の夜に、酒に酔った港湾局職員(52)がタクシー運転手を殴ったとして暴行容疑で、保育課係長(48)は同僚を殴って歯を折ったとして傷害容疑でそれぞれ逮捕された。

 福岡市では2月、酒に酔った消防士が盗んだ車を運転したとして逮捕される事件が発生。4月以降、全職員を対象に飲酒習慣について調査し、市と市教委で計94人にアルコール依存症の疑いがあることが判明している。今回逮捕された2人は、飲酒傾向に問題はなかったという。

福岡市職員が仕事をズル休みし、業者と飲酒

2012年5月23日(水)12時23分 J-castニュース

福岡市職員、有休取得し業者と「昼酒」

   福岡市から市住宅供給公社に派遣されている男性係長(58)が2012年4月、体調不良を理由に休暇を取った平日の昼間に、発注先の建設会社の関係者と福岡市内の飲食店で酒を飲んでいたことが5月22日にわかった。市は利害関係者との飲食を禁じた市職員倫理行動規準に抵触するおそれがあるとして調べている。

   係長は4月26日午前に公社で関係者を見かけ、食事に誘った。その後体調不良を理由に10時から有給休暇を取得し、11時から17時頃までビールや焼酎などを飲んだ。代金約1万5000円は係長が全額支払ったという。

   福岡市は飲酒絡みの不祥事が後を絶たないため、5月21日に自宅外での1か月間の禁酒を全職員に要請したばかりだ。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ