偽装結婚で大阪市職員を逮捕

2012年10月24日(水)19時30分 MSN産経ニュースWEST

偽装結婚で大阪市職員を逮捕 大阪府警

 長期在留資格を取得するために偽装結婚したとして、大阪府警国際捜査課は24日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で、大阪市環境局南部環境事業センター職員、福満文彦容疑者(49)=大阪府岸和田市春木旭町=と、韓国籍のホステスの女(35)=大阪市浪速区湊町=を逮捕した。福満容疑者は「好きだから結婚したが、事情があって別居している」と容疑を否認、女は認めているという。

 逮捕容疑は平成23年7月11日、女に日本人配偶者としての長期在留資格を取得させるため、岸和田市役所に虚偽の婚姻届を提出したとしている。同課によると、福満容疑者の口座には偽装結婚をした時期に数十万円の振り込みがあり、関連を調べる。

文化庁職員 電車内で痴漢疑い

2012年10月25日(木)21時59分 NHK NEWS WEB

文化庁職員 電車内で痴漢疑い

文化庁の職員が、通勤途中に東急田園都市線の電車内で女子高校生の下半身を触ったとして、神奈川県の迷惑行為防止条例違反の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、文化庁の長官官房政策会計室の経理係長藤澤和寛容疑者(36)です。

警察の調べによりますと、藤澤係長は、25日午前8時半ごろ、川崎市内の東急田園都市線の鷺沼駅から溝の口駅に向かう電車の中で、15歳の高校1年の女子生徒の下半身を触ったとして、神奈川県の迷惑行為防止条例違反の疑いが持たれています。

今月に入って女子生徒から「通学中にたびたび痴漢の被害に遭う」という相談が警察にあり、同じ車内で警戒に当たっていた警察官が藤澤係長に気づき、その場で取り押さえたということです。

調べに対して容疑を認め、「清そな感じが気に入って、これまでにも触ったことがある」と供述しているということで、警察がさらに詳しく調べています。

文化庁は「事実関係を確認中で、現時点ではコメントできない」としています。

靴にカメラを仕掛けて盗撮 名寄市職員逮捕

2012年10月28日(日)01時35分  読売新聞 YOMIURI ONLINE

靴の先に穴開けカメラ隠す…市職員が盗撮容疑

 北海道警旭川東署は27日、運動靴の先端に穴を開けて小型のビデオカメラを隠し、女性のスカートの中を盗撮したとして、名寄市東2南3、同市都市建築課職員佐々木英明容疑者(31)を道迷惑防止条例違反(卑わいな行為)容疑で逮捕した。

 発表では、佐々木容疑者は20日午前10時45分頃、旭川市内のドラッグストアで、はいている小型ビデオカメラをしのばせた靴を、同市内の会社員女性(45)の背後から、スカートの下に近付けて動画を撮影した疑い。

 店内に入る前に、ビデオカメラのスイッチを入れ、手に持ったリモコンで操作して盗撮していた。佐々木容疑者の挙動を不審に思った店員が同署に通報し、駆けつけた署員が店の近くで佐々木容疑者を発見し、同署で裏付け捜査を進めていた。

 同署の調べに対し、佐々木容疑者は「女性の下着に興味があった。自分で靴に穴を開けた」と容疑を認めているという。

 名寄市の長内和明建設水道部長は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾で、しかるべき対応をする」とのコメントを発表した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ