2013年12月9日(月)16時59分 msn産経ニュース

拘束の愛知県稲沢市の市議を正式逮捕 中国、覚せい剤所持容疑

 中国広東省の公安当局は9日までに、覚醒剤剤を所持していたとして拘束していた愛知県稲沢市議の桜木琢磨容疑者(70)=無所属=を正式に逮捕した。同省広州市の検察当局が同日、明らかにした。

 検察当局によると、桜木容疑者はほかの外国人と共謀して、覚醒剤約3キロを日本に運ぼうとした疑いが持たれている。桜木容疑者は帰国予定日だった10月31日、広州市の白雲国際空港の保安検査でスーツケース内から覚醒剤が見つかり、拘束された。接見した外務省関係者に対し、容疑を否認している。検察当局は事件に絡み11月中旬、ほかに容疑者2人を拘束したことを明らかにした。2人の国籍は不明だが、関係者によると、桜木容疑者は拘束後「覚醒剤入りのスーツケースは仕事の取引で会ったナイジェリア人に渡された」と話しており、ナイジェリア人の可能性がある。中国の刑法では麻薬の密輸は重罪で、最高刑は死刑。2010年には麻薬密輸罪で日本人4人の死刑が執行されている。

 

2013年12月10日(火)12時07分 朝日新聞デジタル

 巡査長、同僚の顔殴り骨折させた疑い 10月に依願退職

 滋賀県警長浜署の40代の男性巡査長が今年9月、飲食店で同僚の顔を殴り、たばこの火を押しつけて、けがを負わせたとして傷害容疑で書類送検されていたことが県警への取材でわかった。巡査長は10月17日付で減給6カ月(10分の1)の懲戒処分を受け、同日に依願退職したが、県警は公表していなかった。

 監察官室によると、巡査長は9月26日夜、勤務後に長浜市内の居酒屋で同僚と4人で酒を飲んだ際に、態度が気に入らないと20代の男性巡査長の顔を殴り、頭突きをしたほか、たばこの火を左手に押しつけるなどして、顔の骨折ややけどなどで3週間のけがを負わせた疑いがある。巡査長は「申し訳ない」と容疑を認めたという。

 被害者がその日に上司へ報告して発覚。監察官室は処分を公表しなかった理由について「私的な事案であり、内部基準に従い、公表すべき事案ではないと判断した」と説明している。

 

2013年12月10日(火)15時59分 Sponichi Annex

霞ケ浦駐屯地の3等陸曹 同僚の私物盗み懲戒免職

 陸上自衛隊霞ケ浦駐屯地(茨城県土浦市)は10日、同僚の私物を盗んだとして、関東補給処所属の男性3等陸曹(25)を懲戒免職処分とした。

 駐屯地によると、3等陸曹は2月から5月までに計3回、駐屯地内の隊舎の私物庫から据え置き型ゲーム機やフィギュアなどを盗み、市内のリサイクルショップに計約3万3千円で転売した。「飲食費に使った」と話している。

 駐屯地の警務隊は11月、窃盗の疑いで書類送検した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ