覚醒剤使用で警察官を逮捕

YOMIURI ONLINE
2018年6月12日(火)07時30分

警察官、覚醒剤を「自宅近くのサウナで注射」

 覚醒剤を使用したとして、警視庁は12日、荏原署交通課長の渡部康浩容疑者(50)(神奈川県横須賀市走水)を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕したと発表した。

 発表によると、渡部容疑者は先月下旬から6月11日の間、東京都内や神奈川県などで覚醒剤を使用した疑い。容疑を認め、「自宅近くのサウナで注射した」と供述している。

 渡部容疑者は5月下旬、荏原署幹部に「家庭の悩みがある」と相談。今月8日に出勤した際には多量の汗をかき、「自分は行動確認されている」と話していた。不審に思った同庁が尿検査を行ったところ、覚醒剤の成分が検出されたという。

同僚の机から金盗み2等陸曹停職

産経WEST
2018年6月11日(月)12時09分

同僚の机から金盗み2等陸曹停職 徳島

 陸上自衛隊第14旅団(香川県善通寺市)は11日、同僚の金を盗んだとして、北徳島分屯地(徳島県松茂町)で、補給業務を担当する第14飛行隊の30代の男性2等陸曹を停職25日の懲戒処分にした。2曹は依願退職する意向を示している。

 分屯地によると、2曹は昨年9月9日、分屯地の事務室で、同僚の机の引き出しから、現金3千円を盗んだ。同僚が被害を申告し、発覚した。

 昨年3月中旬にも、同じ同僚の机から、小銭を盗んでいたといい、「金の欲しさから盗んでしまった」と認めている。

 陸自の警務隊が窃盗容疑で書類送検し、昨年12月、徳島地検が起訴猶予処分にした。

女子高校生に淫行 自衛官逮捕

産経WEST
2018年6月9日(土)22時21分

女子高校生に淫行疑い 石川、自衛官を逮捕

 金沢中署は9日、女子高校生にみだらな行為をしたとして、いしかわ子ども総合条例違反の疑いで石川県小松市向本折町の自衛官、浦川良太容疑者(28)を逮捕した。「18歳未満とは知らなかった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は9日午前5時45分ごろから同7時ごろまでの間、石川県の女子高校生(15)が18歳未満と知りながら、金沢市のホテルでみだらな行為をした疑い。

 同署によると、浦川容疑者が同市内の繁華街で女子高校生と、一緒にいた10代少女に声を掛け、3人でホテルに入った。少女が知人男性に連絡し、男性が110番して発覚した。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ