住居侵入の疑い 消防士逮捕

2017年4月16日(日)07時08分 産経ニュース

「全裸の自分想像」し住居侵入 容疑の消防士逮捕 埼玉

 岩槻署は14日夜、住居侵入の疑いで、春日部消防署の消防士、高野聖容疑者(25)=さいたま市岩槻区府内=を逮捕した。同署によると「他人の敷地内で全裸になっている自分を想像するために入った」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は14日午後3時5分ごろ、同区の男性(60)方に正当な理由なく侵入したとしている。服は着ていたという。

 同署によると、高野容疑者は男性帰宅時に車の陰に隠れており、声をかけられ逃走。約600メートル離れた場所で身柄を確保された。春日部市消防本部は「事実関係を確認中のためコメントできない」としている。高野容疑者は昨年9月、路上で全裸になったとして公然わいせつ容疑で逮捕されている。

消防副士長が空き巣

2017年04月14日(金)04時39分 テレ朝news

消防士の男が“空き巣” 防犯カメラ逮捕の決め手に

千葉県松戸市で他人の部屋に忍び込み、現金約15万円を盗んだ疑いで消防士の男が逮捕されました。被害者が設置した防犯カメラの映像が決め手となりました。

 松戸市消防局の消防副士長・高橋智也容疑者(29)は13日、市内にある同じマンションの住民の部屋に忍び込み、陶器製の貯金箱とその中に入っていた現金約15万6000円を盗んだ疑いが持たれています。警察によりますと、2週間ほど前に被害者宅のドアに挿したままになっていた鍵がなくなっていて、高橋容疑者がこの鍵を使った可能性があるということです。被害者は鍵がなくなったことを不安に思い、防犯カメラを設置していて、そこに映った高橋容疑者の映像が逮捕の決め手になりました。高橋容疑者は「お金があるのに越したことはないと思った」と容疑を認めています。松戸市消防局は「詳細を確認中のため、コメントできません」としています。


消防司令補ら火災保険を不正受給、本部が陳謝

2017年04月15日(土)18時49分 YOMIURI ONLINE

消防司令補ら火災保険を不正受給、本部が陳謝

 春日・大野城・那珂川消防組合消防本部(福岡県春日市)の消防司令補(44)と消防副士長(32)(いずれも男性、13日付で懲戒免職)が火災保険の保険金を不正受給していた問題で、同本部は14日、記者会見を開いて経緯などを公表し、陳謝した。

 会見の冒頭で、吉光康則消防長は「極めて悪質な行為で、情状酌量の余地はない」と述べ、頭を下げた。大鶴浩二・消防署長は「(2人は)勤務態度は真面目で、人間関係のトラブルもなかった。金に困っていたとは把握していない」と、困惑した表情で説明した。

 組合関係者などによると、2人は契約時や保険金請求時に約款で定められた重複の告知義務に違反し、「重複していない」と虚偽の内容を申告。複数の損害保険会社の火災保険を契約し、自宅や祖父宅について「風で屋根が壊れ、雨漏りした」「天井付近の壁に染みができた」などとして保険金の請求を重ね、不正に重複して受給していた。

 消防本部によると、消防司令補は4社から6回の振り込みで約530万円、消防副士長は4社から5回で約410万円を受け取っており、少なくともそれぞれ4回の振り込み分については告知義務違反があったと判断した。不正受給した保険金について、消防司令補は「実家への仕送りや投資に充てた」、消防副士長は「使わず、口座に残していた」と説明したという。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ