警視と警部補を注意処分 長崎県警

2017年4月18日(火)15時22分 産経WEST

処分までに1年以上…警視は女性侮辱、警部補は車中でセクハラ 長崎県警「確認作業に時間かかった」

 長崎県警が、女性署員への侮辱的な発言や、セクハラ行為があったとして、いずれも50代男性の警視と警部補をそれぞれ本部長注意処分としていたことが18日、分かった。処分は3月15日付。

 監察課によると、本部に所属する警視は、署に勤務していた平成27年6月ごろ、自宅で女性署員を含む複数の部下らと食事をした際、「女性は職場で役に立たない」と侮辱的な発言をした。

 署に勤務する警部補は27年3~10月、公務中の車内で運転中の女性署員の手を触ったり、懇親会後に抱き付いたりした。

 警視は「指導のつもりだった」、警部補は「セクハラへの理解が甘かった」とそれぞれ話しているという。

 28年2月に匿名の職員から監察課に通報があり発覚した。監察課は「再発防止に取り組む」と話した。処分まで1年以上経過したことについては「確認作業に時間がかかった」と説明している。

脅迫で自衛官逮捕

2017年4月18日(火)16時40分 産経ニュース

脅迫容疑で陸上自衛官逮捕 交際女性に「写真ばらまくぞ」と裸画像の送信指示

 交際相手の女性(28)に裸の画像を送らなければ危害を加えるというメッセージを送ったとして、警視庁蒲田署は18日、脅迫の疑いで茨城県古河市、陸上自衛隊古河駐屯地所属の1等陸士、牧野紘明容疑者(26)を逮捕した。

 蒲田署によると、牧野容疑者と女性は約2年前から交際。これまでにも同様の写真を複数回送らせていたという。女性が17日、蒲田署に相談して発覚した。

 逮捕容疑は14日未明ごろ、携帯電話からLINE(ライン)に「裸の画像を送らなければ、写真をばらまくぞ」などと書き込み、東京都大田区に住む会社員の女性を脅した疑い。

横領と無免許運転 消防士を懲戒免職

2017年04月15日(土)07時44分 福島民友 みんうNet

無免許で消防車運転 23歳消防士懲戒免職、職場積立金横領も

 福島市は14日、職場の旅行会の積立金55万6千円を横領したほか、大型免許を持たずに大型消防車を運転したとして、市消防本部の男性消防士(23)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 同消防本部によると、男性は、職場の旅行会の幹事を任され、約30人分の積立金約90万円を自宅で現金で保管。昨年4月ごろから競馬などギャンブルにのめり込んで消費者金融から金を借り始め、同7月には借金返済のため積立金を使い込むようになった。今年3月、上司から積立金の精算を指示されて横領が発覚。男性は全額返済した。

 また男性は3月15日午前、大型免許を持っていないのに大型消防車の走行訓練に臨み、公道を約31キロ走行した。男性は昨年6月に自動車教習所に通い始めたが翌7月ごろには通うのをやめていた。

 職場では順調に通い、試験に合格したと虚偽の報告をし、訓練後に免許の提示を求められると無免許を打ち明けた。

 男性は2012(平成24)年に採用され、火災現場で原因を調査する業務などに携わっていた。無免許運転については既に書類送検されており、消防本部は横領について刑事告発を含めて検討する。

 消防本部は男性のほか、訓練の責任者を務めていた上司を減給10分の1(1カ月)、その他の男性の上司6人を訓告や、文書、口頭で厳重注意した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ