外務省部長、酔って暴力・暴言

共同通信
2018年12月7日(金)17時50分

外務省部長、酔って暴力・暴言
懇親会で「態度悪い」、懲戒処分

 外務省は7日、外務省の牛尾滋アフリカ部長(56)が知人との懇親会で酒に酔い、参加者に暴言を吐いたり、足を蹴るなどの行為をしたりしたとして、戒告の懲戒処分とした。

 関係者によると、懇親会は11月22日夜に東京都港区の衆院赤坂宿舎内で開かれ、国会議員や官僚、記者らが参加した。牛尾氏は「態度が悪い」などと言って近くにいた出席者の足を蹴り、止めに入った複数の出席者にも殴りかかったり、暴言を吐いたりしたという。

 外務省人事課は、詳細について「相手方との関係を考慮し、差し控える」として公表していない。「本件を厳粛に受け止め、省内の綱紀粛正に一層努める」とした。


山形市、HPに1万人誤掲載 ふるさと納税寄付者の個人情報

山形新聞
2018年12月07日(金)10時19分

山形市、HPに1万人誤掲載 ふるさと納税寄付者の個人情報

 山形市は6日、市の公式ホームページ(HP)内に、ふるさと納税の2017年度寄付者1万14人分の個人情報を誤掲載したことを明らかにした。確認作業が不十分で、市は寄付の受け付けを同日から停止した。情報漏れによる被害は確認されていない。

 市によると、17年度の寄付者10万6696人(寄付額17億6189万11円)のうち、任意のアンケートにメッセージを送った1万14人が対象。クレジットカード番号はなかったが、記載は住所、氏名、生年月日、電話番号など37項目に及んだ。閲覧できる状態となったのは11月28日~12月5日の約1週間で、アクセス数19件、ダウンロード数5件を確認した。

 先月28日、担当の山形ブランド推進課職員がHP内にあるふるさと納税のページで、寄付者によるメッセージを更新する際、過って素材となる37項目を記した一覧表・エクセルデータをそのまま載せてしまった。担当者と上司を含めて確認作業を怠り、個人情報の取り扱いにも不備があったという。

 5日午後6時ごろ、県外の寄付者から「自分の名前を検索すると住所などのファイルが表示された」との電話連絡を受けて発覚した。市は対象者にわび状を送り、寄付は再発防止策を講じた上で、再開時期を決める。

 6日、市役所で緊急記者会見を開いた佐藤孝弘市長は「決してあってはならないことで誠に申し訳ない」と対象者や市民、関係機関などに謝罪し、「早急に再発防止策を講じ、関係者の処分を行う」と述べた。

女子高生に体液かけた教育委員会の職員を起訴

京都新聞
2018年12月06日(木)20時20分

女子高生に体液かけた疑い教育委員会職員を起訴 京都地検

 通学中の女子高生に体液をかけたとして、京都地検は6日、京都府教育委員会学校教育課指導主事の男(50)=京都市伏見区淀本町=を起訴した。

 起訴状によると、9月7日午前8時10分すぎ、走行中の市営地下鉄の電車内で、高校3年の女子生徒(18)のスカートやリュックサックにあらかじめ容器に保管していた体液をかけた。また、10月19日午前8時15分すぎ、地下鉄今出川駅構内の階段で、同生徒の衣類などに体液を付着させ、汚したとしている。

 男は先月15日、同罪などの疑いで京都府警に逮捕されていた。逮捕時は「かけていません」と容疑を否認していた。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ