事前告知せずダム放流 減給処分

NHK NEWS WEB
2017年08月08日(火)17時48分

事前告知せずダム放流 減給処分

ことし6月県が管理する新発田市のダムで観光放流が行われ、下流で遊んでいた親子が流されてけがをした事故で、県は運用ルールに違反し、事前に告知をしなかったうえ、事実と異なる発表を行ったなどとして、ダムを管理していた県の出先機関の部長ら合わせて3人を減給の懲戒処分にしました。
処分を受けたのは県の新発田地域振興局の職員2人と、地域整備部長の合わせて3人です。
ことし6月、県が管理する新発田市の加治川治水ダムの見学会で、観光放流が行われ、下流の川で遊んでいた親子が流されてけがをしました。
この事故で県は、運用ルールに違反して、事前に告知をせずに放流を行っていたとして、ダムを管理していた新発田地域振興局の課長級職員と現場担当の職員を、減給の懲戒処分にしました。
また、事故が起きたあと「運用ルールの違反はなかった」と事実と異なる発表を行ったなどとして、新発田地域振興局の笹川岳之地域整備部長を減給の懲戒処分にするとともに、県の美寺寿人土木部長と棚橋元河川管理課長らを戒告などの処分にしました。
今回の懲戒処分について米山知事は「事故に遭われた方々とご家族の皆様に改めて深くお詫び申し上げます。今後、再発防止策を確実に実行し安全の最優先、規則の順守などを徹底して参ります」とコメントしています。

佐賀市職員がストーカー行為で停職

佐賀新聞
2017年08月09日(水)08時13分

佐賀市、ストーカー行為で市職員停職6カ月

 佐賀市は8日、ストーカー規制法違反(ストーカー行為)の罪で罰金刑を受けた男性職員(44)を停職6カ月の懲戒処分にした。

 市上下水道局などによると、職員は下水プロジェクト推進部下水エネルギー推進室主任。5月中旬から6月初旬にかけて30代の知人女性に付きまうなどした容疑で、7月5日に佐賀北署に逮捕された。同21日付で佐賀区検が略式起訴、佐賀簡裁が罰金30万円の略式命令を出し24日に納付した。

 市の聴取に職員は「浅はか、身勝手な行為で被害者に深くおわびします」などと話しているという。田中泰治局長は会見で「市政への信用を傷つけ、深くおわび申し上げるとともに、二度と起こらないよう服務規律の確保に努めたい」と陳謝した。

千葉県警警部を書類送検 女性の後ろ姿盗撮疑い

産経ニュース
2017年8月10日(木)13時41分

千葉県警警部を書類送検 女性の後ろ姿盗撮疑い

 千葉県警は10日、女性の後ろ姿を盗撮したとして、県迷惑防止条例違反の疑いで、君津署生活安全課長の鶴岡秀臣警部(45)を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。県警は懲戒処分を検討している。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は、7月18日午後7時ごろ、同県木更津市内のディスカウントストアで、30代女性の後ろ姿を携帯電話のカメラで断りなく撮影した疑い。容疑を認め「ストレスを軽減できた」と供述しているという。

 県警は軽犯罪法違反容疑での立件を検討していたが、最終的に県迷惑防止条例違反容疑に切り替えた。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ