県職員事故502件未処理…16年間分、不問に

2017年05月23日(火)08時01分 YOMIURI ONLINE

県職員事故502件未処理…16年間分、不問に

 物損などの交通事故を起こした滋賀県職員に対し、県が2001~16年度、人事上の事務処理をしていなかったことが分かった。

 事故は計502件に上り、中には処分に該当するケースもあったが、全て不問としていた。監督責任を問い、県は歴代の人事課員8人を口頭の厳重注意や注意処分としたが、事務処理が長期間にわたって行われなかった経緯は不明のままだ。

 県では、職員が事故を起こした場合、該当者が発生ごとに現場の見取り図や示談交渉の状況、行政処分の有無などの報告書を作成。提出を受けた人事課が、報告書を基に別の公文書を作り、該当者の処分を判断している。

 しかし、物損などの比較的軽微な事故について、01年度から人事課で事務処理が行われなくなり、その後も新たな事故報告書が各課から届いていたにもかかわらず、未処理案件が蓄積。担当者は状況を把握しながら、そのまま次年度に引き継いでいたという。

 県は「事故の事務処理が行われていないのは異常事態」として、15年度から手続きを簡略化した内規作成に着手し、今年2月から事務処理を再開した。

 処理されなかった事故502件のうち、01~14年度の449件は、人事課が事務を放置したと判断。該当期間の同課管理職の8人を3月2日付で処分した。事故を起こした職員については、「元々、軽微な事故が多く、処分できない退職者もいる」として不問にした。

 人事課は新たな内規作成着手後の15年度の35件、16年度の18件も処理していなかったが、「対処すべき案件と認識し、放置していたわけではない」として両年度の同課管理職は処分せず、事故を起こした職員も「遡って内規を適用できない」として処分を見送った。

 放置が始まった経緯や長期にわたった理由について、同課は「事務処理の煩雑さが考えられるが、今となってはわからない」と説明。「職員への指導措置が長期間未処理となり、反省している。今後は適正な事務処理に努めたい」としている。

児童買春容疑 29歳愛知県職員を逮捕

2017年5月22日(月)21時59分 毎日新聞

児童買春容疑 29歳愛知県職員を逮捕

 愛知県警中署は22日、同県豊橋市宮下町、県職員、吉見仁志容疑者(29)を児童買春禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は3月29日、名古屋市緑区内のホテルで、18歳未満と知りながら17歳の少女に現金3万円を払い、みだらな行為をしたとしている。同署によると、吉見容疑者は容疑を認めているという。

 吉見容疑者はインターネット上の出会い系掲示板で少女と知り合ったという。同署がツイッターで援助交際を募集していた少女に事情を聴き、今回の容疑が判明した。

部下の女性隊員を殴った海曹長を停職

2017年05月22日(月)12時20分 京都新聞

部下の女性隊員殴る 海自補給艦ましゅう海曹長処分

 海上自衛隊舞鶴地方総監部は22日、補給艦「ましゅう」で業務中、部下の女性隊員を殴ったとして、同艦所属の男性海曹長を停職5日の懲戒処分にした、と発表した。

 総監部によると、海曹長は昨年10月19日午前7時ごろ、女性隊員への指導の際、顔を殴ってけがを負わせた。海曹長は同年9月1日朝にもこの女性隊員に同様に暴行し、「過去にも同じ指導をしたことから激高してしまった」と話したという。

 森田哲哉艦長は「服務指導を徹底させ、再発防止に努める」とコメントを出した。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ