免許失効中に公務、通勤で運転 静岡県職員4人、教職員2人

静岡新聞
2018年2月20日(火)08時13分

免許失効中に公務、通勤で運転 静岡県職員4人、教職員2人

 静岡県と県教委は19日、全職員を対象に行った運転免許証の現物確認の結果を公表した。県職員4人と教職員2人の計6人が免許失効中に公務や通勤で乗用車を運転していたことが判明。いずれも「更新手続きの失念」が主な理由。県と県教委は県民の信頼を損ねる行為とし、免許証の確認徹底など再発防止に努めると陳謝した。

 県の調査は知事部局7196人(病欠、育休除く)を対象に実施。誕生日から1カ月の更新期限と、実際の更新日を比較した。その結果、過去に失効期間があったのは10人。海外派遣中の1人を除く9人のうち、4人について通勤・公務で運転していた事実を記録簿などから認定し、文書訓告または所属長厳重注意とした。9人は16日までに免許更新した。

 県教委は、事務局職員と教職員ら9800人を対象に調査。男性教諭2人が失効期間中に乗用車を通勤で運転し、うち1人が公務出張でも運転した。指導措置を検討している。

無免許運転で停職3カ月

産経ニュース
2018年2月19日(月)20時24分

静岡県課長を停職3カ月 無免許運転で現行犯逮捕 調査でほかにも…

 静岡県は19日、無免許運転をしたなどとして、道交法違反容疑で1月、県警に現行犯逮捕された県危機情報課の藤田和久課長(54)を停職3カ月の懲戒処分とした。藤田課長は20日付で総務課参事に異動する。

 県によると、藤田課長は1月14日、浜松市浜北区で乗用車を無免許運転したなどとして現行犯逮捕された。浜松区検が同16日に略式起訴、浜松簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、即日納付した。

 更新手続きをしなかったため2014年4月に免許が失効していたが、県などに虚偽報告をし、公用車を運転したこともあったという。

 これを受け、県と県教育委員会は病欠や育児休暇中を除く職員約1万7千人の運転免許証の確認調査を実施。県などによると、4人が過去の失効期間中の運転を認めたほか、2人が失効に気付き更新手続きを取ったが、気付くまでは運転していたことが分かった。

自衛隊員が訓練中に暴行 懲戒

NHK NEWS WEB
2018年02月19日(月)11時51分

自衛隊員が訓練中に暴行 懲戒

陸上自衛隊松本駐屯地に所属する33歳の男性隊員が別の隊員を指導していた際に暴行を加え、顔の打撲などの全治2週間のけがを負わせたとして自衛隊はこの隊員を停職2日の懲戒処分としました。

懲戒処分を受けたのは陸上自衛隊松本駐屯地の第13普通科連隊に所属する33歳の3等陸曹です。
陸上自衛隊によりますと3等陸曹は去年11月、松本市内の山間部で行っていた訓練中に別の隊員を指導していた際、この隊員の頭など殴る暴行を加え、隊員は顔面を打撲するなど全治2週間のけがを負ったということです。
陸上自衛隊はこの3等陸曹を19日付けで停職2日の懲戒処分としました。
自衛隊の聞き取りに対して3等陸曹は「自分が指導しているときに別の人と話している姿をみて話しを聞いていないと思い腹が立った」などと話しているということです。
陸上自衛隊松本駐屯地では去年10月にも隊員が後輩に暴力をふるったとして減給処分としています。
陸上自衛隊松本駐屯地の岩原傑第13普通科連隊長は「日頃から暴力行為を禁止する指導をおこなってきましたが、このようなことが起きて誠に遺憾に思います。指導・教育を徹底し2度とこのようなことが起きないよう万全を期して参ります」とコメントしています。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ