消防士を住居侵入で逮捕

産経ニュース
2017年12月8日(金)13時18分

住居侵入で千葉市消防士逮捕 被害の会社員お手柄

 千葉西署は7日、住居侵入の疑いで、千葉市消防局若葉消防署泉出張所の消防士、吉田将貴容疑者(25)=同市稲毛区小中台町=を逮捕した。調べに対し、「酔っ払っていて記憶がない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、7日午前0時10分ごろ、同区の2階建てアパートのフェンスを乗り越え、1階に住む会社員男性(26)の部屋に侵入したとしている。男性がベランダの人影に気づいて外へ出たところ、吉田容疑者は逃走。追いかけた男性が約250メートル先の路上で吉田容疑者を捕まえ、男性の妻の110番通報で駆けつけた同署員に引き渡した。男性と吉田容疑者に面識はなかった。

 千葉市消防局によると、吉田容疑者は6日夜に開かれた勤務先の忘年会で酒を飲んでいたという。同局の石塚正徳消防局長は「職員が逮捕され、誠に遺憾。早急に事実確認をする」とコメントした。

女子高生買春で県庁職員を逮捕

琉球朝日放送
2017年12月5日(火)11時57分

女子高校生を買春疑い 県庁職員の男を逮捕

女子高校生とみだらな行為をしたとして警察は12月4日、64歳の県庁職員の男を逮捕しました。

逮捕されたのは、県農業研究センターの赤地徹容疑者(64)で2017年9月、那覇市内のホテルで18歳未満だと知りながら、本島南部に住む16歳の女子高校生に現金を渡してみだらな行為をした疑いがもたれています。

赤地容疑者は被害者の女子高校生と事件当日に、インターネットの出会い系サイトで知り合いホテルに誘い出して犯行に及んだということです。調べに対して赤地容疑者は「18歳未満とは知らなかった。性行為はしていない」と容疑を否認しています。

県農林水産部は「県民の信頼を損ね、深くお詫びします。」とコメントしています。

無断欠勤で停職

産経ニュース
2017年12月5日(火)10時59分

陸自第1ヘリコプター団 無断欠勤で2人停職 「病院へ行く」…その後連絡取れず

 陸自第1ヘリコプター団(千葉県木更津市)は4日、無断欠勤したとして隊員2人について停職の懲戒処分としたと発表した。2人はいずれも第1ヘリコプター野整備隊に所属する20代の男性陸士長と30代の男性3等陸曹で、処分はいずれも4日付。

 同団によると、陸士長は今年2~3月、「具合が悪く病院へ行く」と欠勤の連絡をした後に連絡が取れなくなり、無断で3日間欠勤。停職3日の処分となった。3等陸曹は2月、「今後の生活に不安があった」との理由で11日間、無断欠勤した。処分は停職11日で、3等陸曹は依願退職する予定だという。

 同隊は、いじめなどのトラブルは、いずれもなかったとしている。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ