パワハラで双葉署の警部補を停職

共同通信 2017年6月23日(金)17時36分

部下の頭にあんかけ料理 福島県警、パワハラ警部補を停職

 福島県警は23日、飲食店で冷めたあんかけ料理を部下の頭にかけた他、バリカンで頭を丸刈りにするなど11人にパワーハラスメントをしたとして、双葉署の男性警部補(36)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。警部補は同日、依願退職した。

 警部補は「自分は偉いと錯覚し、調子に乗っていた。部下に力を誇示したかった」と話しているという。県警は部下が被害届を出さないため立件しないとしている。

 警部補は東京電力福島第1原発事故の避難区域のパトロールなどを行う警備部災害対策課に所属していた2015年4月ごろから16年11月ごろの間、部下の尻を十数回蹴るパワハラ行為をした。


万引き見つかり警備員らに暴行 警視庁職員を逮捕

朝日新聞 2017年6月21日(水)23時03分

警視庁職員、万引きして警備員らに暴行した疑いで逮捕

 万引きを見とがめられて警備員らに暴行したとして、埼玉県警は21日、警視庁職員で大塚署主事の星光太郎容疑者(52)=さいたま市南区大谷口=を事後強盗の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 県警浦和東署によると、逮捕容疑は21日午後4時40分ごろ、さいたま市緑区太田窪3丁目のスーパーで、粉チーズ3点(計1289円)を万引きして店外に出ようとしたところで、声をかけてきた女性警備員(67)を持っていた傘でたたき、さらに取り押さえようとした買い物客の男性(64)を引き倒すなどしたというもの。2人は軽傷を負ったといい、署は強盗致傷の疑いもあるとみて調べている。

 星容疑者は「万引きをして逃げるときに捕まりそうになって暴行した」と、容疑を認めているという。逮捕時の所持金は約4万円だった。

 警視庁の筒井洋樹・警務部参事官は「職員が逮捕されたことは遺憾。捜査結果を待って厳正に対処したい」としている。


警部補が捜索令状紛失

フジテレビFNN 2017年06月21日(水)23時43分

警部補が捜索令状紛失

神奈川県警の警部補が、捜索令状を紛失した。
神奈川県警港南署刑事課の45歳の男性警部補は、6月19日、横浜市内で、覚せい剤取締法や大麻取締法違反事件の捜査中に、捜索差押許可状2通を紛失したという。
男性警部補は、捜索差押許可状をウエストポーチに入れていて、捜索を行ったあとに立会人が体調不良を訴えたため、病院に行き、警察署に戻ってきたところで、紛失に気づいたという。
捜索差押許可状には、立会人の氏名、生年月日、捜索現場の住所が記載されていた。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ