巡査部長が窃盗事件の公判で虚偽証言

top_header_logo4 2017年06月27日(火)16時22分

「GPS使用ない」と虚偽証言=窃盗事件公判で捜査員-警視庁

 警視庁は27日、東京地裁で開かれた窃盗事件の公判に出廷した捜査員が、実際には捜査に全地球測位システム(GPS)端末を使用していたにもかかわらず、使っていないと虚偽の証言をしていたと発表した。同庁によると、捜査員はGPS捜査の保秘徹底を指示されていたため、法廷でも明らかにできないと考えたという。
 同庁刑事総務課によると、2014年9~12月に群馬県内で起きた4件の空き巣事件の公判に、捜査3課の30代の男性巡査部長が証人として出廷。弁護人とのやりとりで、「捜査にGPSは使っていない」との趣旨の発言をした。
 一審で昨年11月、被告に懲役3年の実刑判決が言い渡され、今年5月に控訴審第1回公判が開かれた後、東京高検からGPS使用の有無について問い合わせがあった。上司が確認したところ、巡査部長が虚偽の発言を認めたという。
 同課は「組織的に隠蔽(いんぺい)した事実はない」と説明。偽証罪に当たる可能性もあり、「これから所要の捜査を行う」としている。

詐欺容疑で消防士を逮捕

産経WEST 2017年6月27日(火)16時45分

大阪の消防士がアダルト動画サイトの基本料金と偽り詐欺疑い 鹿児島の女性、21万円被害

 島根県警は27日、アダルト動画サイトの料金名目などで現金計約21万円をだまし取ったとして、大阪府摂津市消防本部の消防士岡山雄大容疑者(26)=大阪府守口市藤田町=を逮捕した。

 逮捕容疑は仲間の男らと共謀し平成27年6月、鹿児島県内の40代の女性会社員にアダルト動画サイトの基本料金と偽り、2回にわたり計21万6千円を振り込ませたとしている。容疑を否認している。

 県警によると、島根県内で発生した別の架空請求事件で使われた口座を捜査した結果、女性の振り込み当日に同額の現金を引き出した男の防犯カメラ映像から割り出した。他に振り込みを持ち掛ける電話をかけた男らが関与したとみて調べる。

 摂津市消防本部は「厳正に対応したい」としている。

酒気帯び運転で追突事故 愛知・あま市職員逮捕

中日新聞
2017年6月26日(月)12時11分

あま市職員、酒気帯び容疑で逮捕 追突事故起こす

 愛知県警津島署は25日、道交法違反(酒気帯び運転)と自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、同県あま市七宝町秋竹、同市職員二ノ宮孝彦容疑者(52)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑では、同日午後8時50分ごろ、同県津島市白浜町の県道で、酒気帯び状態で乗用車を運転。交差点で信号待ちしていた同市の男性会社員(18)の乗用車に追突し、首などに軽傷を負わせたとされる。

 署によると、二ノ宮容疑者はあま市内の飲食店で1人で飲食した後だったと話し、「ビールを飲んだ」などと容疑を認めている。

 あま市によると、二ノ宮容疑者は5月中旬から病気休職中で、人事秘書課付の主査。同課の牛田昌実課長は「事実確認後、厳正に対処したい」と話している。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ