熊本市と益城町 4件で懲戒処分

RKK 熊本放送
2020年7月13日(月)12時33分

熊本市と益城町 4件で懲戒処分

益城町は公金56万円あまりを着服したとして、30代の男性職員を懲戒免職処分にしました。

懲戒免職処分を受けたのは、益城町教育委員会生涯学習課の30代の男性主事です。

町によりますと、男性職員はことし5月~6月にかけて、教育委員会の金庫に保管していた公金48万6000円と、管轄する施設の使用料およそ8万円合わせて56万6570円を着服したということです。

町は「金庫への保管は不適切だった」とした上で全額家族が返済し、本人も社会的制裁を受けているとして、刑事告訴はしないということです。

また、熊本市は植木病院の43歳の男性職員が入札が必要な業務委託を随意契約にするなど、不適切な事務処理をしたため戒告の懲戒処分としました。

より少ない税金で委託できた可能性もある上、不正の温床になりかねず、不適切な事務処理とされています。

このほか、病気休暇中にパチンコをしていた経済観光局の25歳の女性主事や、事前申請をせず、23回の有給休暇を取得した健康福祉局の48歳の男性副課長など3人も戒告処分としました。

被害者情報を誤送信 未成年わいせつ事件―福島県警

top_header_logo4
2020年07月07日(火)18時49分

被害者情報を誤送信 未成年わいせつ事件―福島県警

 福島県警は7日、須賀川署が未成年わいせつ事件の被害者の氏名などが書かれた文書を民間企業1社に誤ってファクスで送信していたと発表した。誤送信先から連絡があり、ファクスを回収した。

 少年課によると、文書は青少年健全育成条例違反事件の日時や場所、被害者の氏名や生年月日などが記載されていた。福島地検に送信しようとしてファクス番号を手動で入力したが、押し間違えたという。2人の巡査長が確認作業をしていたが、防げなかった。

 同課の話 個人情報を外部に発信してしまい、大変申し訳ない。再発防止に向けて指導を徹底する。


警察官 わいせつ画像送らせる

日テレNEWS24
2020年07月07日(火)18時33分

警察官 わいせつ画像送らせる

警察官の不祥事です。
県警察本部は少女にわいせつな画像を撮影させスマートフォンに送らせたとして男性巡査部長を減給処分にしました。

減給の懲戒処分を受けたのは津軽地方の警察署に勤務する20歳代の男性巡査部長です。
県警察本部によりますと巡査部長は今年1月頃から3月頃までの間18歳未満であることを知りながら少女に体の一部を露出させた画像を撮影させた上、自分のスマートフォンに送らせたものです。
巡査部長はこの事実を認めています。
6月中旬頃、一般の人から警察に対し20件ほどの情報提供が寄せられ県警察本部が児童ポルノ禁止法違反の疑いで捜査していました。
しかし事件として立件するまでの証拠を得られなかったことから巡査部長を減給6か月の懲戒処分としました。
この巡査部長は7日付けで依願退職しました。


記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ