酒酔い運転で壁に衝突

読売
2021年04月14日(水)09時56分

消防司令長、生ビール数杯飲み車を運転…民家の壁にぶつかる

 千葉県警木更津署は10日、木更津市消防署の消防司令長の男(50)(千葉県袖ケ浦市のぞみ野)を道交法違反(酒酔い運転)容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、男は10日午後10時30分頃、袖ケ浦市蔵波の市道で、酒に酔った状態で乗用車を運転した疑い。

 民家の壁にぶつかる事故を起こし、駆け付けた署員による呼気検査でアルコールが検出された。調べに「店で生ビールを数杯飲んだ後、帰ろうと車を運転した」と容疑を認めている。

 高岡禎暢・木更津市消防長は「誠に申し訳ない。二度とないよう、交通法令の順守の徹底、綱紀粛正を図り、信頼の回復に努める」とのコメントを出した。

大麻使用で懲戒免職

読売
2021年04月14日(水)09時56分

駐屯地内で大麻使用、陸士長を懲戒免職…同僚2人への聞き取りで発覚

 陸上自衛隊信太山駐屯地(大阪府和泉市)は12日、大麻を使用したとして、同駐屯地に所属する第37普通科連隊の男性陸士長(21)を懲戒免職にしたと発表した。同隊の隊員が大麻使用で懲戒免職になったのは3人目。

 発表によると、陸士長は2020年8月~今年1月、同駐屯地内で、大麻を複数回使った。先月には、同僚の男性陸士長2人が大麻を使ったなどとして懲戒免職となっており、2人への聞き取りなどから発覚したという。

横領

読売
2021年04月11日(日)09時43分

市女性職員「生活費に困っていた」、親睦会費22万6千円を横領

 青森市教育委員会は9日、市教委学務課の親睦会費計約22万6000円を横領したとして、同課の女性職員(25)を停職6か月の懲戒処分とした。

 発表によると、女性職員は昨年6月から12月までの間、7回にわたり他の職員から親睦会費として集めた現金計約22万6000円を横領した。女性職員は「生活費に困っていた」と話している。女性職員は全額を返還、市教委は刑事告訴しない方針という。

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ