万引で高校職員を懲戒免職

中京テレビ
2020年09月18日(金)6時30分

ホームセンターで万引き、高校職員を懲戒免職 岐阜県教委

 ホームセンターで商品を万引きし、その後、罰金の略式命令を受けた岐阜県立高校の女性職員の岩本・マジレン・イマトン職員(41)について、岐阜県教育委員会は17日付で懲戒免職処分としました。

 県教委によると、岩本職員は先月、岐阜市のホームセンターで、扇風機など57点、約9万円相当を万引きしたということです。岩本職員は、窃盗の罪で罰金30万円の略式命令を受け、すでに納付しています。

 県教委は「生徒や保護者の信頼を裏切るもので、深くおわびします」とコメントしています。

徳島県職員3人処分 スピード違反や事務手続きミス

徳島新聞.
2020年9月18日(金)5時00分

徳島県職員3人処分 スピード違反や事務手続きミス

 徳島県は、道交法違反(速度超過)の疑いで県警に摘発されたり、助成金の申請手続きを誤ったりしたとして、職員3人を文書訓告や口頭注意処分にしたと発表した。

 処分を受けたのは▽県土整備部の30代主事級男性職員(文書訓告)▽保健福祉部の50代係長級男性職員(同)▽南部総合県民局の50代課長級男性職員(口頭注意)―の3人。県土整備部の職員は8月7日付で、保健福祉部と県民局の職員は14日付。

 県土整備部の職員は5月22日午後、徳島市の県道で法定速度(時速60キロ)を31キロ超過して自家用車を運転し、摘発された。午後に半日休を取り帰宅中だった。

 保健福祉部の職員は、南部総合県民局に所属していた1月、県民から申請要件を満たしていない助成金の申請書類を受け取った。その後、承認できない旨の連絡を怠り、申請書類を誤って破棄した。県民局の職員は当時の上司として管理監督責任があった。

税金400万円着服の男性職員 高森町が懲戒免職

RKK 熊本放送
2020年9月18日(金)11時54分

税金400万円着服の男性職員 高森町が懲戒免職

高森町は税金およそ400万円を着服していた男性職員を懲戒免職処分としました。

懲戒免職されたのは、高森町税務課に務める36歳の男性職員です。

高森町によりますと男性職員は会計課に所属していた去年5月から今年3月、臨時職員などの報酬の所得税、およそ400万円を6回に分けて着服したということです。

所得税は町の口座から引き落とされ、通常、その口座に職員が現金を補填していましたが、今年6月に収支が合わないことが明らかになり、町が調査していました。

先月24日、職員本人に聞いたところ着服を認め、食費や携帯電話ゲームの支払いなどに使ったと説明したということです。

高森町は、再発防止のため職員が現金を扱う機会を無くし、口座間のやり取りで処理をする仕組みにしたとしています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ