男性巡査長が男子中学生に淫行

日刊スポーツ
2018年1月18日(木)16時45分

男子中学生に淫行疑い、既婚の男性巡査長に停職処分

 千葉県警は18日、中学生だった少年にみだらな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反の疑いで、勝浦署留置管理課の男性巡査長(29)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査長は同日、依願退職。県警によると「同性に興味があった。深く反省している」と容疑を認めている。

 書類送検容疑は、県警第1機動隊に所属していた2016年9月、インターネットの掲示板で知り合った県内の少年が18歳未満と知りながら、2度にわたって公共施設や遊技施設のトイレでみだらな行為をした疑い。

 県警によると、昨年5月、巡査長が交際していた女性から相談があり、巡査長の携帯電話を調べたところ、少年とのメールが見つかった。巡査長は別の女性と結婚しており、県警は不倫の事実も勘案して処分を決めた。

 古川等首席監察官は「警察官として言語道断の行為で遺憾。指導を徹底し、信頼回復に努める」としている。


当直中にスマホ 自衛官を懲戒処分

産経ニュース
2018年1月20日(土)11時31分

当直中、護衛艦内でスマホゲームや動画閲覧 2人を戒告処分

 海上自衛隊横須賀地方総監部は、護衛艦「やまぎり」艦内で当直勤務中にスマートフォンでゲームをしたなどとして、40代と30代の男性2等海曹を戒告処分にした。

 地方総監部によると、日本近海を航行していた昨年6月14日夜、40代の2曹が約7分間、スマホでゲームをし、30代の2曹は約5分間、スマホで動画を見た。2人は艦内の別々の場所で当直勤務中に上官に見つかった。いずれも「少しだけなら良いかと軽い気持ちで使ってしまった」と話している。

 また、複数の隊員に平手打ちなどをしたとして、当時教育部隊の教官だった20代の3等海曹を停職6日の懲戒処分にした。「口頭よりも体罰の方が効果的だと思った」と話しているという。


着服の海上保安部職員 停職12カ月

産経ニュース
2018年1月20日(土)11時51分

船の食料費1万7千円を着服 千葉県海上保安部職員を12カ月の停職

 千葉海上保安部の3等海上保安正の男性職員(41)が経費の一部を着服していた問題で、同保安部は19日、男性職員を停職12カ月の懲戒処分とした。男性職員は同日、依願退職した。

 同部によると、男性職員は、巡視艇「たかたき」で船員用の食料費の管理などを担当していた平成28年10月~29年10月、複数回にわたり、支給された食料費から計約1万7千円を着服、私的に流用したとしている。藤井伸弘同部長は「国民の皆様の信頼を著しく失墜させたことを心からお詫び申し上げます」とコメントした。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ