下着盗んだ自衛官停職

東海テレビ
2018年11月14日(水)17時37分

49歳航空自衛官 住居侵入70件と女性下着の盗み2回を調査で認める 停職6か月の懲戒処分

 女性の下着を盗む目的で住宅に侵入したとして逮捕。航空自衛隊の隊員が停職6か月の懲戒処分です。

 懲戒処分となったのは三重県津市にある航空自衛隊笠取山分屯基地所属の上岡健悟一等空曹(49)です。

 航空自衛隊などによりますと上岡一等空曹は、津市久居野村町の住宅の敷地内に下着を盗む目的で侵入したとして今年7月に逮捕されその後、起訴されています。

 また、航空自衛隊の調査に対し、上岡一等空曹は2008年ごろから市内などでおよそ70件の住居侵入を繰り返し、そのうち2回は女性用の下着を盗んだことを認めているということです。

 航空自衛隊は、14日付で上岡一等空曹を停職6か月の懲戒処分としました。

盗撮の1曹ら停職処分 海自・横須賀地方総監部

神奈川新聞 カナロコ
2018年11月12日(月) 21時18分

盗撮の1曹ら停職処分 海自・横須賀地方総監部

 海上自衛隊横須賀地方総監部は12日、盗撮行為をしたとして横須賀基地業務隊の30代の1等海曹を停職3カ月にするなど、男性隊員2人を懲戒処分にした。

 総監部によると、1等海曹は4月、横須賀市内の商業施設の階段で、女性のスカート内をのぞいていたところを田浦署員に発見され、事情聴取を受けた。その後の捜査で3月にも市内の別の商業施設で女性の背後からスマートフォンで下着を盗撮していたことが発覚。スマートフォンからは複数の動画が見つかった。

 1等海曹は6月、県迷惑行為防止条例違反の疑いで横浜地検横須賀支部に書類送検され、8月に横須賀簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。

 また、停職5日の処分を受けた指揮通信開発隊の30代の2等海尉は、2016年9月までの約1年間、計4回にわたり、職場に許可なく私有のUSBメモリーを持ち込んでパソコンに接続。資格試験用などのデータ約1万5千件を保存し、自宅に持ち出した。いずれのデータも特定秘密などには該当せず、2等海尉は「自分でもなぜこのようなことをしたのか分からない」と話しているという。

北区職員 女性に抱きついて逮捕

産経新聞
2018年11月15日(木)19時20分

強制わいせつ容疑で東京・北区職員を逮捕 埼玉・戸田

 帰宅途中の20代女性に後ろから抱きつき、体を触ったとして、埼玉県警蕨署は15日、強制わいせつの疑いで、東京都北区健康福祉部北部地域保護担当課主事の蘓畑洸一(そばた・こういち)容疑者(30)=埼玉県戸田市本町=を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年10月22日午後11時10分ごろ、戸田市内の路上で、歩いていた同市に住む20代女性の後ろから近付き、体を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。防犯カメラの映像などから蘓畑容疑者の関与が浮上した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ