大声で業務妨害、職員を懲戒処分 徳島市

徳島新聞
2019年1月18日(金)10時00分

大声で業務妨害、職員を懲戒処分 徳島市

 徳島市は17日、大声で叫び業務を妨げたとして保険年金課の30代男性職員を停職1カ月、休暇届の手続きを怠って欠勤した耕地課の50代男性職員を戒告の懲戒処分にしたと発表した。いずれも同日付。

 市によると、保険年金課職員は昨年12月、会議室で行った人事評価に関する上司との面談で、自分の主張を大声で一方的に繰り返した。面談を中止され退室した後も、上司の制止を無視して来庁者や他の職員らの前で大声で叫び続けた。

 同僚職員から暴行を受けたと以前から主張していたが、市の調査では事実確認できなかった。面談の際「どうなっているのか。ほったらかしなのか」などと叫び、この日以外にも同様の発言を繰り返した。

 耕地課職員は昨年1月から2月にかけ、年20日間の有給休暇を全て消化したにもかかわらず、同2月と11月の2日間、体調不良を理由に欠勤。上司の注意や指導に従わず、医師の診断書を提示するなど病気休暇の手続きを怠った。

市課長、出退勤操作し遅刻ごまかす…部下が記録

YOMIURI ONLINE
2019年01月18日(金)11時34分

市課長、出退勤操作し遅刻ごまかす…部下が記録

 和歌山市は17日、出退勤システムを操作して遅刻をごまかしていた健康推進部の男性課長(46)を、減給10分の1(6か月)の懲戒処分にしたと発表した。

 発表によると、課長は昨年1月17日~12月11日に7回、5~10分の遅刻をしていたが、システムには、遅刻していない時刻を入力するなどしていた。

 同市では通常、出退勤時刻の入力は、タイムレコーダーにICチップの入った職員証をかざして行うが、現場に直行する際などは、課長職が手入力するという。

 始業時間に課長がいないことが多かったため、部下が記録をとり、別の上司に報告して発覚。市は管理監督責任を問い、課長の上司にあたる健康推進部長を厳重注意処分にした。

パワハラで減給

共同通信
2019年1月18日(金)16時00分

パワハラで静岡県職員減給、部下は自殺

 静岡県は18日、部下に暴言を吐くなどのパワーハラスメントをしたとして課長級の男性職員(59)を減給の懲戒処分にした。部下は2017年3月に自殺した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ